不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


羽田新ルート|「不動産取引価格情報」を用いた中古マンション価格への影響調査(渋谷区編)

国交省が公開している「不動産取引価格情報」を用いて、渋谷区内の17~21年の中古マンション取引データを対象に、筆者が独自に羽田新ルートの影響を調査してみた。

レオパレス21の施工不備問題を可視化 ※随時更新

調査対象となった39,085棟のうち何棟に不備があったのか。また、改修工事はどの程度進捗しているのか。そして入居率への影響は……。

羽田新ルート|地価公示データを用いた不動産価値への影響調査(渋谷区編)

羽田新ルートは不動産価値にどの程度の影響を及ぼしているのか? 国交省が実施した調査と同様に地価公示データを用いて、渋谷区内の17~22年の「住宅地」のデータを対象に、筆者が独自に調査してみた。

羽田新ルート|「不動産取引価格情報」を用いた中古マンション価格への影響調査(品川区編)

国交省が公開している「不動産取引価格情報」を用いて、品川区内の17~21年の中古マンション取引データを対象に、筆者が独自に羽田新ルートの影響を調査してみた。

首都圏中古マンション市場動向(22年4月)|在庫件数、22年4月に減少に転じたか

成約単価は高止まり、成約件数は激しくリバウンドを繰り返すなか、増加していた在庫件数は22年4月に減少に転じたか。

クラウド・ファンディング「羽田空港新ルート設定の取消訴訟」※適宜更新

原告(羽田問題訴訟の会)を財政面で支援するクラウド・ファンディングが7月20日に立ち上がったので紹介する。

UR賃貸、特別募集住宅(事故物件)の掲載状況 ※適宜更新

事故物件を紹介しているサイトは多々あれど、UR賃貸が専用ページを設けていることをご存じだろうか。

マンションを買い替えたいと考えているシニア必読!『60歳からのマンション学』

事例を物語風に記した後、「事例からわかること」として問題点、注意点などが掲げられている。大変読みやすい構成になっている。

中野区議会、羽田新ルート運用一時凍結の陳情に係る「みなす不採択」に至る経緯

中野区議会においては、陳情1件が区民委員会(3月14日開催)において賛成多数で採択されたがその後、本会議(開催3月25日)にて「みなす不採択」となった。

羽田新ルート|東京都の騒音測定データを可視化※随時更新

東京都は羽田新ルート周辺の騒音測定局(5か所)で測定した騒音モニタリング結果(速報値)を数日後に公表している。

羽田新ルート|地価公示データを用いた不動産価値への影響調査(品川区編)

羽田新ルートは不動産価値にどの程度の影響を及ぼしているのか? 国交省が実施した調査と同様に地価公示データを用いて、品川区内の17~22年の「住宅地」のデータを対象に、筆者が独自に調査してみた。

「羽田新ルート反対」ネット署名活動 ※適宜更新

ネット上で、change.orgの仕組みを使って20年3月27日から、「羽田新ルート反対署名」が実施されていることをご存じだろうか。

南風時の都心低空飛行ルート運用実績を可視化(22年4月)

新型コロナの影響により国内線・国際線ともに大幅な減便が続いているなかで、羽田新ルートの運用が強行されている。22年4月の運用実績を可視化する。

民泊|住宅宿泊事業の届出状況を可視化 ※毎月更新

民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行された18年6月15日以降の、東京23区と主な都市における住宅宿泊事業の届出状況の推移などを可視化する。

神居秒算|中国人投資家による日本のマンションへの投資状況 ※随時更新

中国人向けの日本の不動産物件売買プラットフォーム「神居秒算」というサイ卜に掲載されている物件数を定点観測。※随時更新

羽田新ルート|気になる契約情報(22年度)※随時更新

羽田新ルートに関連しそうな212度契約情報につき、3つの段階(発注予定、入札公告、入札結果)に分けて整理しておいた。

羽田新ルート「実質3時間程度」は守られている?

国交省が住民説明会などで繰り返し説明してきた「実質3時間程度」という約束はキチンと守られているのだろうか。調べてみた。

スムラボ投稿状況を可視化(22年実績)※適宜更新

スムラボの投稿状況(22年実績)を可視化する。適宜更新。

スムログ投稿状況を可視化(22年実績)※適宜更新

スムログのブロガー別の投稿実績(22年実績)とブロガー参入履歴を適宜可視化する。 ※適宜更新

路上生活者はどこにいるのか? 減っているのか?

東京都は毎年8月と1月、都内の路上生活者数を把握するために、道路・公園・河川敷・駅舎などの「路上生活者概数調査」を実施している。同調査結果データを可視化してみよう。

羽田新ルート|品川区の騒音測定データを可視化※随時更新

品川区は羽田新ルート周辺に設置した測定局2か所(立会小学校・台場小学校)で測定した騒音データを月単位で随時公表している。

住宅着工統計(22年3月)|都内分譲マンション、近年まれにみる低水準

【全国分譲マンション】前年同月比43.5%増 【首都圏分譲マンション】前年同月比91.1%増 【都内の分譲マンション】前年同月比105.8%増

タワマンは今後どのくらい供給されるのか?

近年、東京の湾岸エリアを中心にタワーマンションが大量に供給されてきた。超高層マンションの今後の開発余地について推定してみた。

小池百合子「知事への声」を可視化 ※随時更新

マスメディアが小池都知事の動向を報じると「知事への声」が増加し、報じないと「知事への声」が減少する展開になっている。

大規模地震発生後の復興財源「お答えすることは困難」(政府答弁)

第208回国会(22年1月17日~6月15日)の衆議院の質問主意書を眺めていて、大規模地震係る質問主意書があることに気が付いた。 大規模地震発生後の復興事業費の財源確保に関する質問主意書 吉田晴美 衆議院議員(立憲民主)が4月13日に提出した質問主意書に対…

羽田新ルート|南風「悪天時」到着ルートの運用実績 ※適宜更新

南風「悪天時」到着ルートの運用実績を可視化。適宜更新。

首都圏新築分譲マンション価格、「バブル期超え」ではなかった

メディア報道では首都圏の新築マンションの平均価格「バブル期超え」で盛り上がっていたが、物価補正すると「バブル期超え」ではなかったという話。

羽田新ルート|中古タワマン相場への影響 ※適宜更新

羽田新ルート周辺の中古タワーマンション価格に影響は出ていないのか……。 ※適宜更新

衆院議員(21年当選465人)の資産総額を可視化

21年10月の衆院選で当選した衆院議員465人の資産報告書が4月11日に公開された。 毎日新聞に掲載された「衆院議員 資産公開一覧」データを可視化してみた。

首都圏新築分譲マンション市場動向(21年度)|バブル期超え、過去最高の6,360万円に

アベノミクスによる非実需要増の影響などにより平均価格が大幅に上昇し、バブル期の90年度末に記録した6,214万円を超えて過去最高の6,360万円に。

2021年6月1日、このブログ開設から17周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.