不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

首都圏マンション戸数、3年連続中古が新築を上回る

東日本不動産流通機構は4月17日、「首都圏不動産流通市場の動向(2018年度)」を発表。首都圏の中古マンションの成約戸数は3年連続で新築マンションの発売戸数を上回っている。

羽田新ルート|飛行騒音の影響(23区高級住宅街)

羽田新ルート周辺へ騒音の影響がどの程度のものなのか。リアリティを持っていただくために、23区内の高級住宅街の状況を可視化してみた。

首都圏新築マンション市場|笛吹けども踊らず状態

不動産経済研究所は4月17日、「首都圏マンション市場動向2018年度」を発表。同研究所が過去に発表したデータも含めて可視化してみた。

首都圏新築マンション市場動向(19年3月)|23区の発売単価は上昇傾向

不動産経済研究所は4月17日、「3月の首都圏新築マンション市場動向」を発表。「高くて売れない状況」がまだまだ続いている。23区の発売単価は、上下動を繰り返しながら、依然として上昇傾向。

磯田道史著『天災から日本史を読みなおす』(中公新書)

天災を勘定に入れて日本史を読み直す筆者の精力的な作業によって、災害から命を守る先人の知恵が浮かび上がる。歴史書としてもまた防災書としても読みごたえのある1冊。

羽田新ルート|衆院国交委、石井大臣vs宮本徹議員

第198回 国会衆議院「国土交通委員会」において4月12日、羽田新ルートについて宮本徹議員(共産党)の質疑応答があった。

羽田新ルート|超超高層マンション計画への影響

首都圏では50階以上の超超高層マンションが16件計画されている。羽田新ルートの影響を受けないのか、グーグルマップに落として確認してみた。

羽田新ルートを可視化する

なぜ、羽田新ルート直下のマンションを選ぶ人がいるのか? 誰でも理解できるようなかたちで羽田新ルートが可視化されていないからだ。

建築基準不適合!ダイワハウスお前もか…

大和ハウス工業は4月12日、2千棟で建築基準を満たしていないと発表。 防火安全性が不十分な恐れ及び柱の仕様の不適合(賃貸共同住宅200 棟)のうち、73棟は、防火安全性が不十分な恐れがあるとされている。

超高層マンション市場動向|建設計画、都心に集中

超高層マンション、タワーマンンションの計画はどうなっているのか? 不動産経済研究所が4月11日に発表した「超高層マンション市場動向 2019」をひも解き、首都圏を中心に超高層マンションの来し方行く末を可視化。

レオパレス施工不備問題の進捗状況を可視化

レオパレスは4月10日、施工不備問題で、新たに3784棟で不備が見つかり、1万4599棟に拡大したと発表。 全棟調査の進捗状況や住み替え状況を可視化してみた。

首都圏中古マンション市場動向(19年3月)|成約件数3か月連続で前年同月を上回った

首都圏の成約単価は鈍化、在庫件数は増加傾向を示すなか、成約件数は3か月連続で前年同月を上回った。

羽田新ルート|大井町の中古マンション価格下落!?

最近は、羽田新ルート問題が徐々に世間に認知されるようになってきたので、マンション価格への影響が出てきているのではないのか? 羽田新ルートが通過する品川区内の3駅(五反田、大崎、大井町)の中古マンション取引価格を調べてみた。

羽田新ルート|航空機の見え方CG映像 - YouTube

国交省が運営しているサイト「羽田空港のこれから」で、「新飛行経路(南風到着時)を飛行する航空機の主な地点での見え方 動画」が公開されていることをご存じだろうか。

羽田新ルート|埼玉県民にも騒音が降り注ぐ

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、羽田空港の国際線発着回数を増やすため、都心上空を飛行する羽田新ルート計画。 埼玉県内の羽田新ルート直下の騒音影響については、これまであまり気にしていなかったのだが、よく調べてみると結構影響があ…

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2018年6月1日、このブログ開設から14周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.