不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

首都圏新築マンション市場動向(18年7月)|高くて売れない状況継続中

不動産経済研究所は8月15日、「7月の首都圏新築マンション市場動向」を発表。「高くて売れない状況」が続いている。

羽田新ルート|騒音影響を受ける区民100万人超

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、羽田空港の国際線発着回数を増やすため、都心上空を飛行する羽田新ルート計画。 どのくらいの住民が影響を受けるのか、そんな基本的なことさえ住民は知らされていない。

失敗しないマンション選びの基礎が身につく!『マンション購入基礎検定』

不動産情報サイトを運営しているスタイルアクトは8月10日、『マンション購入基礎検定』の提供を開始。講師は、沖有人代表取締役社長。

羽田新飛行ルート|地域住民の関心は高まって…

これまでに開催された住民説明会は2年7か月(15年7月から18年2月)で延べ127日間・66会場で、約1万6,800名が参加。4つのフェーズに分けて実施されている。 各フェーズの参加実績を可視化すると興味深い現象が見えてくる。

羽田新ルート|江東区民0.4%・江戸川区民5.9%が騒音の影響

羽田新ルートの運用が開始されると、どのくらいの住民が騒音の影響を受けるのか? 江東・江戸川区を対象にした試算結果を紹介しよう。

羽田新ルート|北区民4%(1.2万人)が騒音の影響

羽田新ルートの運用が開始されると、どのくらいの住民が騒音の影響を受けるのか? 北区を対象にした試算結果を紹介しよう。

羽田新ルート|板橋区民3割が騒音の影響

羽田新ルートの運用が開始されると、どのくらいの住民が騒音の影響を受けるのか? 板橋区を対象にした試算結果を紹介しよう。

羽田新ルート|練馬区民3割が騒音の影響

羽田新ルートの運用が開始されると、どのくらいの住民が騒音の影響を受けるのか? 練馬区を対象にした試算結果を紹介しよう。

民泊 差し止め命令!港区マンション

港区のマンションで管理規約を改正して「民泊」を禁止した後も民泊行為を続けているとして、管理組合が部屋の所有者に中止を求めた訴訟で10日、民泊の差し止めと弁護士費用の支払いを命じる判決が言い渡された。

羽田新ルート|大田区民0.03%(約200人)が騒音の影響

羽田新ルートの運用が開始されると、どのくらいの住民が騒音の影響を受けるのか? 大田区を対象にした試算結果を紹介しよう。

首都圏中古マンション市場動向(7月)|中古需要は頭打ち!?

東日本不動産流通機構は8月10日、「7月の首都圏中古マンションの市場動向」を発表。同機構が過去に発表したデータも含め、首都圏中古マンションの市場動向のトレンドを可視化してみた。

羽田新ルート|中野区民5割が騒音の影響

羽田新ルートの運用が開始されると、どのくらいの住民が騒音の影響を受けるのか? 中野区を対象にした試算結果を紹介しよう。

羽田新ルート|豊島民15%(4万人)が騒音の影響

羽田新ルートの運用が開始されると、どのくらいの住民が騒音の影響を受けるのか? 豊島区を対象にした試算結果を紹介しよう。

羽田新ルート|目黒区民8%(2万人)が騒音の影響

羽田新ルートの運用が開始されると、どのくらいの住民が騒音の影響を受けるのか? 目黒区を対象にした試算結果を紹介しよう。

羽田新ルート|港区民3割が騒音の影響

羽田新ルートの運用が開始されると、どのくらいの住民が騒音の影響を受けるのか? 港区を対象にした試算結果を紹介しよう。

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2018年6月1日、このブログ開設から14周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.