不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています

羽田新ルート|22年品川区長選挙、各候補者スタンス※適宜更新

任期満了に伴う品川区長選挙が実施される(告示9月25日、投開票10月2日)。

区議6期の石田秀男氏(自民・副幹事長、62歳)は7月19日、無所属で立候補すると表明(出馬前に離党し、自民の推薦を受ける)。

区議会で都市環境部長に羽田新ルートの答弁を丸投げしていた浜野健区長は既に不出馬を表明している。

羽田新ルートへの対応は、品川区長選挙の争点のひとつになるに違いない。各候補の羽田新ルートに係るスタンスを整理しておいた。

※投稿22年7月22日


もくじ

石田秀男氏(自民推薦)「賛成、致し方ない」

石田秀男議員
品川区議会 第2回定例会本会議(18年6月29日)より

石田秀男議員(自民党、区議6期、東海大学文学部卒、62歳)

 

品川区議会においても自公は羽田新ルート推進派。

自公はこれまで、羽田新ルート見直しなどに係る多くの請願・陳情を不採択(≒却下)、継続(≒棚ざらし)にしてきた。

21年は不採択4件・継続5件、22年は第1回定例会で不採択1件・継続4件、同年第2回定例会で不採択1件・継続6件

都心の上空を通る羽田空港の新飛行ルートの賛否を問うための住民投票条例案は20年12月25日、自民党、公明党議員らの反対で否決された。やりたい放題である。

その品川区議会自民党(12人)の副幹事長を務めるのが石田秀男氏である。

品川区議会会議録で石田秀男氏の羽田新ルートに係る発言を検索すると、10件以上ヒットする。石田秀男氏の考え方が最もよく表されているのは、7年前の行財政改革特別委員会(15年11月10日)での発言。

国策として羽田空港を強化していくことにつき、「私は賛成、致し方ない」というスタンス。少々長いが、以下引用する。

(前略)私は何度も言っているけれども、国策として今、観光客を2,000万人にしていく、そのために羽田空港を強化していく、このことは私は賛成、致し方ないという言葉を言っているつもりです

その中で、ゼロのものが、ここに1というものが音が出てくるということは、それはないものが音が発生するということは反対の人が多いのは当たり前のことだと思っています。だから、国交省にもしっかり説明をしてくださいと、それは理解を得る努力をしてくださいと。私は必ずそういうふうに言っているし、私は、総論賛成、各論反対というのは、おかしいと思っている。

これも何度も言っていることで、総論については賛成をしている、だけれども、ゼロが1になるということは反対が多い、だから、国交省にもしっかりその部分は理解を得るようにしてもらいたい、そういうふうに言っているつもりであって、反対が多いのは当たり前というのも言っているけれども、その一部を切り取ってそういうことをするのは、私は本当にマスコミ以下、全部の話を聞いているにもかかわらず、それをこういう場で、また支持者の前、区民の前で発言をする、それは自ら自分自身に問うていただいて、今ここで理解をしていただいたとするならば、自らそれを訂正する、区民に向かってもちゃんと説明をしてほしい。それが私は、議員の仕事だと思っている。

〇〇氏※対抗馬未定

※未稿

【参考】石田秀男氏の過去戦績など

石田秀男氏の区議6期の戦績を次図に示す。

定数40(89年以前は定数42)に対して10位前後を確保。得票数は3千票弱

石田秀男 品川区議(1期~6期選挙結果)
過去の選挙結果|品川区などを元に筆者作成

 

石田秀男氏の過去4回の得票率は2~3%(次図)。

品川区議選投票率と石田秀男 区議の得票率

(同上)

以上のように石田秀男氏の人気はズバ抜けているわけではない。

品川区の区長選挙が統一地方選挙(4月)の時期から外れた06年以降、明らかに投票率が下がってきていることが確認できる。事実上の浜野氏に対する信任投票と化した区長選は前々回(14年)過去最低の23.22%を記録。前回(18年)の区長選は羽田新ルートが争点になったこともあり、投票率が32.71%まで戻したものの、いまだ低い水準にとどまっている(次図)。

※06年以降統一地方選挙の時期から外れたのは、06年8月21日在任中の高橋久二品川区長(5期)の死去による。

【投票率の推移】品川区長選挙 vs 区市町村長選挙(統一分)

 

自民が推薦する石田秀男氏の対抗馬が勝つためには、対立候補の一本化に加え、投票率の底上げが必須であることは明かだろう。

あわせて読みたい

↓ 前回(2018年)の品川区長選挙のまとめ記事。

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.