不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


【保存版】羽田新ルート|住民投票条例案、品川区議会が否決(反対・賛成議員一覧)

都心の上空を通る羽田空港の新飛行ルートの賛否を問うための住民投票条例案が12月25日、自民党、公明党議員らの反対で否決された。

次回の品川区議会選挙(2023年4月)の判断材料に資すべく、今回の各議員の投票行動を記録しておく。

#羽田新ルート #品川区議会
#品川区議会議員選挙 (令和5年4月執行 品川区議会議員選挙)


もくじ

住民投票条例案、品川区議会が否決(朝日)

都心の上空を通る羽田空港の新飛行ルートの賛否を問うための住民投票条例案が25日、品川区議会(定数40)の本会議で採決され、賛成18、反対21の賛成多数で否決された。

羽田新ルート住民投票条例案

区議会否決 賛成18反対21

都心の上空を通る羽田空港の新飛行ルートの賛否を問うための住民投票条例案が25日、品川区議会(定数40)の本会議で採決され、賛成18、反対21の賛成多数で否決された。住民団体が条例の制定を直接請求できる有権者数(50分の1)の3倍以上にあたる2万760人分の署名を集め、請求していた。

「ようやく区民が意思表示できる貴重な機会ができる。これを議会が奪ってはいけない」「2万の署名に込められた区民の思いを受け止めるべきだ」。25日夕にあった本会議での採決を前に、共産党や無所属など賛成する立場の議員が意見を述べた。

一方で最大会派の区議会自民党の議員は、すでに区議会で新ルートの固定化を避けるよう国に要望していることなどを挙げ、反対を主張公明党会派も、住民投票の効果や経費などを考慮すべきだとして反対し、議長を除く39人の採決で条例案は否決された。

(朝日新聞 12月26日朝刊)

※以下、敬称略。年齢は20年12月26日現在。

住民投票条例案に反対した議員一覧

自民党(7人)
  • 石田秀男(61) 6期(会社役員)
  • 本多健信(53) 7期
  • 鈴木真澄(68) 6期
  • 芹澤裕次郎(30) 2期(行政書士)
  • 小芝新(39) 1期
  • 西村直子(40) 1期(女性の転職コンサルタント)
  • 湯澤一貴(44) 1期
  • (【議長】渡辺裕一(47) 4期)
公明党(7人)
  • 若林ひろき(59) 5期
  • こんの孝子(56) 4期
  • 新妻さえ子(55) 2期
  • あくつ広王(46) 3期(会社役員)
  • たけうち忍(57) 5期
  • 塚本よしひろ(56) 3期
  • つる伸一郎(45) 3期
自民・無所属・子ども未来(6/8人)
  • 大沢真一(62) 5期(自民)
  • 高橋伸明(56) 2期(自民)
  • 松澤和昌(44) 1期(国民民主、会社役員)
  • 鈴木博(68) 3期(無所属、小児科医)
  • せお麻里(43) 1期(無所属)
  • 渡部茂(54) 4期(自民)
無所属(1/6人)
  • 横山由香理(39) 3期(自民

住民投票条例案に賛成した議員一覧

自民・無所属・子ども未来(2/8人)
  • 大倉たかひろ(37) 3期(国民民主、元松原仁氏秘書
  • 木村けんご(67) 3期(無所属、元新日本プロレスレスラー
共産党(6人)
  • 中塚亮(45) 5期
  • 安藤たい作(46) 4期
  • 鈴木ひろ子(66) 6期
  • 石田ちひろ(45) 3期
  • おくの晋治(64) 2期
  • のだて稔史(35) 2期
品川改革連合(3人)
  • 須貝行宏(68) 5期(無所属)
  • 藤原正則(58) 6期(無所属)
  • 筒井ようすけ(41) 2期(都民ファースト)
生活者ネッ(2人)
  • 田中さやか(38) 2期
  • 吉田ゆみこ(66) 2期
無所属(5/6人)
  • あべ祐美子(56) 5期(立民)
  • くにば雄大(43) 1期(N国
  • 高橋しんじ(60) 4期(無所属)
  • 西本たか子(60) 5期(無所属)
  • 松本ときひろ(39) 1期(日本維新の会

【追記】建設委員会、可決キャスティングボード木村議員

※12月28日追記

あべ祐美子議員(無所属(立憲民主党))は12月27日のブログ「羽田新ルートへの賛否を問う区民投票条例案否決 ~品川区議会臨時会」で、建設委員会の採決では、自公を除く4人が修正案に賛成したとしている。

(本会議の採決の前に行われる建設委員会の採決では)委員長を除く7人のうち自民党公明党を除く4人が修正案を含む条例案に賛成して可決されました。

あべ祐美子議員のこの情報に基づけば、建設委員会7名(委員長を含まない)の賛否の内訳は次表のように推測される。

建設委員会で可決のキャスティングボードを握っていたのは、元新日本プロレスレスラーの木村けんご議員(67歳、 3期、自民・無所属・子ども未来)であったことが分かる。

委員長を除く建設委員会7名の賛否

※21年1月18日追記

21年1月1日付で大倉たかひろ議員、木村けんご議員が新会派「しながわ無所属クラブ」を届け出た。

あわせて読みたい

2021年6月1日、このブログ開設から17周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.