不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています


2022品川区長選挙【再選挙】の開票速報・結果※随時更新

10月2日に投開票された品川区長選挙では、立候補した6人がいずれも法定得票(有効投票総数の4分の1以上)に届かず再選挙となった(2022品川区長選挙の結果)。

羽田新ルートが争点となっている品川区長選挙【再選挙】(12月4日投開票)の開票速報と結果を随時取りまとめる。

※投稿22年11月16日(更新22年11月30日)


もくじ

区長候補

※以下、10月2日選挙の得票順

  • 森沢きょうこ【羽田新ルート容認※出馬予定
    (無所属、都議2期、元日テレ報道記者、慶應政治学科卒、43歳)
  • 石田ひでお【羽田新ルート容認自民推薦※出馬表明済11月24日
    (自民党、区議6期、東海大学文学部卒、62歳)
  • 山本康行【羽田新ルート反対※出馬表明済11月7日
    (元三菱UFJ銀行員、東大卒、46歳)
  • 村川ひろかず【羽田新ルート反対共産推薦※出馬表明済11月14日
    (元日本社会事業大学大学院教授、慶應経済卒、75歳)
  • 西本たか子【羽田新ルート反対※出馬表明済11月15日
    (無所属、区議5期、東京農工大卒、61歳)
  • おおにし光広【羽田新ルート曖昧】不出馬表明済11月4日
    (元品川区議、法政大学卒、65歳)
  • 石田慎吾氏【羽田新ルート曖昧※出馬表明済11月24日
    (元区議3期、川合孝典参議院議員公設秘書、サンタモニカ大卒、43歳)

※「反対」「容認」「曖昧」については、筆者の観測結果による。詳細は文末「あわせて読みたい」の記事「羽田新ルート|22年品川区長選挙、各候補者スタンス」参照。

期日前投票率(過去との比較)

2010年以降の期日前投票率の比較を次図に示す。

2022品川区長選挙【再選挙】の期日前投票率
(データ出所:2010~20182022(1回目)

 

期日前投票率の推移につき、前回との比較を次図に示す。

2022品川区長選挙【再選挙】の期日前投票率(累計)の推移
(同上)

投票率(時刻別推移)

投票率の時刻別推移を次図に示す。

2022品川区長選挙【再選挙】の投票率(時刻別推移)
(同上)

【参考】年代別の投票率(18年品川区長選挙)

20代~40代の投票率が上がれば、選挙結果に大きく影響を与えることになるのだが……。

年代別の投票率・外国人を含む人口(2018年品川区長選挙)

※年代別の「当日有権者数」が公開されていないので、外国人を含む人口(品川区「住民基本台帳による町丁目別および男女・年齢別人口」2018年10月1日現在)を元に上図を作成した。品川区における外国人の割合は3%程度(「住民基本台帳による世帯と人口」(22年11月1日現在)日本人390,733人、外国人13,609人)なので無視できる。

開票結果 ※未稿

※未稿

あわせて読みたい

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.