不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています


羽田新ルート|気になる契約情報(22年度)※随時更新

羽田新ルートに関連しそうな契約情報につき、3つの段階(発注予定、入札公告、入札結果)に分けて整理しておいた。

※投稿22年2月4日(更新22年9月28日:NEW


もくじ

1.発注予定(見通し)段階

情報源

令和4年度飛行方式設計システム運用支援業務請負

公募公示(航空局 22年1月19日)

参加意思確認書の提出期限:22年2月1日17時
履行期間:22年4月1日から23年1月31日まで

※一般競争入札

1. 当該招請の主旨

  • 本件は、当局が設計した飛行方式が国際基準に基づいた品質であることを保証するために用いる飛行方式設計システムに対して行われるものであり、当該システム及び設計に必要なデータに係る保守を実施するものである。
  • 下記の応募要件を満たし、本業務の実施を希望する者の有無を確認する目的で、参加意思確認書の提出を招請する公募を実施するものである。
  • 応募の結果、4.の応募要件を満たすと認められる者がいない場合にあっては、本業務に必要な機器の技術情報を有している法人等(以下「特定法人等」という。)との契約手続きに移行する。
  • なお、4.の応募要件を満たすと認められる者がいる場合にあっては、一般競争入札方式による公告を行う予定である。

3. 業務目的

  • 本業務は、当局が設計した飛行方式が国際基準に準じた品質であることを保証するために用いる飛行方式設計システムに対して行われるものであり、当該システム及び設計に必要なデータに係る保守を実施するものである。

2.入札公告の段階

情報源

脱炭素化に資する航行方式審査基準等見直しに係る調査 ※NEW

入札公告(航空局)22年9月28日
提出期限 22年10月28日16時00分

履行期間:契約締結日の翌日から23年3月23日まで

業務内容等について
1.(3)業務内容等とは、下記に掲げる内容とする。

  • 諸外国における RNAV 基準又はその他の関係基準の策定状況の調査
  • 諸外国における RNP‐AR 航行の導入状況に関する調査
  • 我が国運航会社の RNP‐AR 航行の訓練に係る実態の調査
  • RNP‐AR 航行の導入促進に向けた課題と今後の対応の方向性についての提案
空港周辺における安全かつ効率的な運航を実現するための測位衛星を活用した新たな進入方式等に関する調査  ※NEW

入札公告(航空局)22年9月28日
提出期限 22年10月28日15時00分

履行期間:契約締結日の翌日から23年3月22日まで

業務内容等について
1.(3)業務内容等とは、下記に掲げる内容とする。

  • 欧米等において導入が検討/運用が行われている新たな進入方式や新たな遠隔操縦航空機システム等に関して、文献調査、ヒアリング調査及び国際会議への出席による情報収集等を行い、我が国の安全対策の検討・運航承認基準の策定に係る検討を実施する。 
航空機騒音測定局1式及びその他機器設置工事

入札公告(東京航空局)22年10月25日
提出期限 22年10月25日10時00分

履行期間:契約締結日の翌日から23年3月10日まで

※一般競争入札

 工事場所

  • 川崎市立殿町小学校(川崎市川崎区殿町1丁目17-19)

発注概要:
本工事は、航空機騒音測定局1式及びその他機器の設置及びこれに係る附帯設備を設置するとともに所要の各機器間ケーブル(電源及び通信ケーブル等)を敷設するものである。
【工事内容】

  •  1)機器設置 1式
    (航空機騒音測定局屋外収容箱、鋼製架台、航空機騒音測定局マイクロホンスタンド)
  •  2)フェンス設置 1式
  •  3)管路布設 1式
  • 4)ケーブル布設 1式(電源ケーブル、通信・制御ケーブル、同軸ケーブル)

※参考メモ

殿町小学校は国交省が年間を通して騒音測定を実施している騒音測定局には含まれていないが、短期的な騒音測定の対象地点となっている。また、神奈川県が定期的に短期間測定している騒音測定局6か所のうちのひとつである。同工事が実施されることにより、国交省が年間を通して川崎ルート(B滑走路離陸ルート)下の騒音測定局2か所(国立医薬品食品衛生研究所、羽田小学校)に殿町小学校が3か所目として追加されるのではないか。

新たな管制作業負荷計算手法に関する調査

入札公告(航空局)22年9月2日
提出期限 22年9月22日17時00分

履行期間:契約締結日の翌日から23年3月23日まで

※企画競争

業務内容

本業務は、拡大された空域容量を最大限に活用し適切な交通流管理を行うため、現状の課題把握、海外動向調査、新たな管制作業負荷計算手法を開発するものである。

空港・航空分野における新型コロナウイルスへの対応と需要回復に向けた対応措置等に関する事例調査について

入札公告(航空局)
提出期限 22年5月20日17時00分

※企画競争

業務内容

本業務は、航空需要の回復期を見据えた対策や、中長期的なイベントリスクへの対応のため、航空・空港分野における新型コロナウイルスへの対応と等を調査し、国内外の特性等に留意しつつ、検証を行うものである。

 

以下は、公示予定の情報。

公示予定(航空局 22年3月18日)※公示時期 22年4月上旬(予定)

業務概要

  • (1)諸外国における新型コロナウイルス感染症対策(ロックダウンや入国制限等)と国際・国内の航空需要の回復に関する調査・分析
  • (2)新型コロナウイルス感染症による需要減少・感染症対策が航空事業・空港事業に与えた影響と諸外国の対策に関する海外調査・検証
    • ①航空事業者の業界構造の特性に関する比較調
    • ②航空事業者のコロナ禍における自主的なコスト削減策に関する海外比較調査
    • ③各国政府(中央政府・地方政府)が講じている航空・空港関連事業者支援施策の事例調査と②③を踏まえた分析

3.入札結果の段階

情報源

※以下、公告日の新しい順。

首都圏空港の運航実態調査

入札公告(航空局)22年7月25日
開札日: 22年8月26日14時00分

履行期間:契約締結日の翌日から23年3月22日まで

※一般競争

発注概要:
・滑走路占有時間の計測
・滑走路処理能力の算出
・深夜早朝時間帯の実態調査

一般財団法人航空保安研究センターが16,100,000円で落札(96.4%)。

首都圏空港の運航実態調査
競争入札経過調書

情報発信用コンテンツの企画制作及び情報発信拠点整備業務

入札公告(航空局)22年7月13日
提出期限 22年8月18日17時00分

履行期間:契約締結日の翌日から23年3月17日まで

※企画競争

業務内容

東京国際空港(以下「羽田空港」という。)では令和2年3月29日より新飛行経路の運用を開始しており、関係自治体等より引き続き丁寧な情報提供の実施を求められていることから、国土交通省では、ホームページ、広報チラシ、ニュースレターによる情報提供等を行っているところである。

現在は新型コロナウィルス感染症の影響により、国際線は運休・減便になっているが、今後の復便を見据え、新飛行経路の運用による最大の受益者である国際線利用者に対し、羽田空港の機能強化への理解を促進していく必要がある。

このため、本業務において、羽田空港の社会的意義、国際線増便によるメリットや効果、機能強化に関する取組状況等を発信するためのコンテンツの企画制作を行うとともに、これらのコンテンツを用いた情報発信拠点を第3ターミナルビルへ新たに整備するものである。

 

※第1ターミナル(国内線)3F北テラスには17年1月31日から常設の情報発信拠点が開設されている(羽田新飛行ルート「情報発信拠点」は閑古鳥!? )。今回、国際線利用者に対し第3ターミナルビルに情報発信拠点が開設されることになる。

株式会社日本経済社(日本経済新聞社グループの広告会社)が高得点で受注。

点数表(情報発信用コンテンツの企画制作及び情報発信拠点整備業務)
企画競争実施の結果

東京国際空港周辺航空機騒音実態調査

入札公告(東京航空局)22年5月25日

提出期限:22年6月28日10時00分
開札日:22年6月28日10時00分
履行期間:契約締結日の翌日から23年2月24日まで

※一般競争入札

発注概要:

本業務は、東京国際空港周辺(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県内)の航空機騒音の実態を把握し、今後の環境対策を進める上での資料とするための調査である。

【調査内容】

 測定回数は年2回、測定日数は連続する7日間、測定地点は25箇所とし、測定地点ごとに WECPNL、Lden 値を算出した上に分析する。

日本音響エンジニアリングが21,200,000円で落札(87.0%)。

東京国際空港周辺航空機騒音実態調査
競争入札経過調書

※昨年度は応札したCTIウイングが今年度は「辞退」。とっても気になる……。

東京国際空港周辺航空機騒音実態調査(昨年度との比較)

 

【参考メモ】

21年度は、日本音響エンジニアリング株式会社が21,800,000円で落札(87.6%)。

20年度は「東京国際空港周辺航空機騒音実態調査(東京都、埼玉県、神奈川県)」「東京国際空港周辺航空機騒音実態調査(千葉県)」ともに、日本音響エンジニアリングが落札している。

航空機騒音基礎データ作成作業

入札公告(航空局)

提出期限:22年6月8日11時30分
開札日:22年6月8日11時30分
履行期間:契約締結日の翌日から23年3月28日まで

※一般競争入札

履行内容等について

1.(3)履行内容等とは、下記に掲げる内容とする。
 本作業は、航空機騒音の影響範囲を予測するために必要な Lden プログラムの精度向上を目的とした航空機固有の騒音基礎データを作成するとともに、当該基礎データを使用した騒音コンター図の作成と実測値との乖離状況を確認するために行うものである。

空港振興・環境整備支援機構が25,500,000円で落札(96.5%)。

航空機騒音基礎データ作成作業

競争入札経過調書

音源別基礎データ航空機騒音計測作業

入札公告(航空局)

提出期限:22年5月20日14時00分
開札日:22年5月20日14時00分
履行期間:契約締結日の翌日から23年3月17日まで

※一般競争入札

履行内容等について

1.(3)履行内容等とは、下記に掲げる内容とする。

  • 本作業は、航空機騒音の影響範囲を予測するために必要なLdenプログラムの精度向上を目的とし、大型マイクロホンアレイを用い、着陸航空機における音源部位ごとの騒音計測、Ldenプログラムに適合する音源部位別 NPD データを作成するために1 機ごとに音圧分布を整理し、着陸騒音における音源部位別(ギア、フラップ部分等)を予測する航空機固有の騒音基礎データを作成するために必要な計測データの取得をするために行うものである。

空港振興・環境整備支援機構が24,700,000円で落札(91.5%)。

音源別基礎データ航空機騒音計測作業

競争入札経過調書

羽田空港機能強化に係る情報提供・意見把握検討等業務

入札公告(航空局)
提出期限 22年3月16日17時00分

※企画競争

(2)業務内容

  • 本業務は、2020年3月29日より羽田空港において運用が開始された新飛行経路の運用状況や、騒音対策・落下物対策に関する国の取組み等について、各種広告媒体を通じた情報提供を行うとともに、新飛行経路に対する住民の意見把握を行うものである。
(3)履行期間
  • 約締結日の翌日から令和5年3月31日まで

企画競争を経て随意契約で博報堂が237,381,738円(95%)で契約。

 

この業務は過去6年連続、企画競争を経て随意契約で博報堂が受注している。6年間の契約金額は総額16.8億円になる(次表)。

「羽田空港機能強化に係る情報提供・意見把握検討等業務」契約実績

※情報開示請求によって解明された「羽田空港機能強化に係る情報提供・意見把握検討等業務」の記事もご参照。

令和4年度鳥衝突情報の管理及び鳥衝突防止対策検討会の運営に関する業務

入札公告(航空局)

提出期限:22年3月15日13時30分
開札日:22年3月15日13時30分
履行期間:22年4月1日から23年3月31日まで

※一般競争入札

履行内容等について
1.(3)履行内容等とは、下記に掲げる内容とする。

  • 鳥衝突情報共有サイトの管理業務
  • 鳥種特定のための調査業務
  • 鳥衝突防止検討会及び WG 運営支援業務

(株)応用生物が【低入札価格】4,400,000円で落札(46.9%)。

令和4年度鳥衝突情報の管理及び鳥衝突防止対策検討会の運営に関する業務

競争入札経過調書

あわせて読みたい

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.