不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています


地震防災

東京23区で旧耐震マンションが最も多い区は?

不動産経済研究所は12月18日、「全国の旧耐震マンション調査結果」を発表。 旧耐震マンションの棟数が最も多いのが港区の480物件(2万5,337戸)。 都が2013年3月に公表した「マンション実態調査結果」とは多少異なるのだが……。

「長周期地震動」が超高層マンションの資産価値に影響を与える!?

9月2日に放送されたNHKスペシャル「第1集 都市直下地震 新たな脅威 “長周期パルス”の衝撃」は、タワマン住人にとって文字通り衝撃的な内容だったのではないだろうか。 ただ、「長周期パルス」以前に、「長周期地震動」のことが気になるのだが、世間的にはあ…

長周期パルスの衝撃!NHKスペシャルを見て

9月2日に放送されたNHKスペシャルのメガクライシス・シリーズ巨大危機Ⅱ「第1集 都市直下地震 新たな脅威 “長周期パルス”の衝撃」は、タワマン住人にとって文字通り衝撃的な内容だったのではないだろうか。 見損ねた人のために、長周期パルスの要点を説明し…

トイレットペーパーを備蓄しょう!

備えあれば、憂いなし。備蓄用タイプのトイレットペーパーを買う。

「地震保険世帯加入率」は低いのに、「耐震化率」は高い県はどこか?

沖縄県は「地震保険世帯加入率」が全国で2番目に低いのに、「耐震化率」は85.1%と高い。沖縄県の住宅は、木造(4.5%)よりも鉄筋コンクリート造(92.7%)が圧倒的に多いことが影響しているのであろう。

首都直下地震が起きる前に!木密地域に住んでいる人が身を守る方法とは

新潟県糸魚川市の大規模火災では、木密地域に住むことの危険性が高いことが改めて認識されたのではないだろうか。 その割には今回、都内の木密地域の危険性はあまり報じられていなかったのではないか。

震災時の必須アイテム(9選)

水 カセットコンロ・ガスボンベ 簡易トイレ 懐中電灯 乾電池 充電式などのラジオ その他(3品)

あなたの街の震災時の危険度を知る!厳選サイト

想定外な状況を回避するには、立地の吟味が必要だ。 あなたの街の震災時の危険度を知るためのサイトを厳選しておいた。

インストールしておくべきスマホの無料の防災アプリ(8選)

いざという時に備えて、事前にスマホに入れておいたほうがいい無料のアプリをまとめておいた。

全国各地の地盤情報を無料、1分で入手する方法

「ジャパン・レジリエンス・アワード2015」の最優秀レジリエンス賞を受賞した「地盤安心マップ」を使って、地盤リスクを調べる方法を紹介しよう。 無料、1分で地盤カルテが入手できるのが謳い文句。

2024年6月1日、このブログ開設から20周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.