不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

羽田新ルート|港区民3割が騒音の影響

羽田新ルートの運用が開始されると、どのくらいの住民が騒音の影響を受けるのか?

これまでに紹介した試算結果は次の3区。

今回は、港区を対象にした試算結果を紹介しよう。


もくじ

羽田新ルートは港区の西側上空を飛行する

政府統計e-Statで公開されている「地図で見る統計(jSTAT MAP)」にアクセスし、最新の国勢調査(2015年)の総人口数につき250mメッシュ図を作成し、「A滑走路到着ルート」と「C滑走路到着ルート」を重ねたのが次図。

※具体的な作成手順については、「羽田新ルートで騒音の影響を受ける住民数を試算する方法」をご参照。

羽田新ルート港区

【メモ】
  • 数字は、250mメッシュ単位の常住人口(国勢調査時に調査地域に常住している人)を示す。
  • ピンク色のエリアは、新飛行ルート直下から水平距離で500mの範囲を示す。
  • 青色実線はA滑走路到着ルート、黄色実線はC滑走路到着ルートを示す。

港区民3割(7万人)が騒音の影響を受ける

羽田新ルート直下から水平距離500mの範囲(上図のピンク色エリア)の人口を集計した結果を次表に示す。

A滑走路到着ルート約3百人、C滑走路到着ルート約7万人。
港区民24万人のうち、3割(7万人)が羽田新ルートの騒音の影響を受けることが判明した。 

羽田新ルート直下から水平距離500m範囲人口(港区)

ちなみに、港区の昼間人口940,785人(2015年国勢調査)は、常住人口(243,283人)の3.9倍。昼間の時間帯は、かなりの数の人たちが騒音の影響を受けることになる。 

 

※品川・新宿・渋谷・港区以外については、別途試算予定。

※本試算には慎重を期しているが、データの精度について保証するものではない。これらの情報をあなたが利用することによって生ずるいかなる損害に対しても一切責任を負うものではない。念のため。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2018年6月1日、このブログ開設から14周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.