不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


都内の民泊マンションで覚醒剤製造 米国人逮捕

都内の民泊で覚醒剤を製造したとして、アメリカ人の男が逮捕された。

民泊絡みの覚醒剤事件は昨年6月にも摘発されている。このときの容疑者は日本人の音楽プロデューサーらだった。

民泊が薬物に汚染されている……。

都内民泊で覚醒剤製造(日テレNEWS24)

都内の民泊で覚醒剤を製造したとして、アメリカ人の男が逮捕された。容疑者は豊島区の民泊を宿泊場所に、港区と大田区の民泊を製造拠点にしていたという。

都内民泊で覚醒剤製造 50億円分押収

都内の民泊で覚醒剤を製造したとして、アメリカ人の男が逮捕された。

覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは、アメリカ人のホアン・マシュー容疑者(25)。警視庁によるとホアン容疑者は去年12月、都内の民泊で覚醒剤を製造した疑いがもたれている。不純物が混じった覚醒剤を鍋などの調理器具を使って加工し、純度を高めていたという。

ホアン容疑者は豊島区の民泊を宿泊場所に、港区と大田区の民泊を製造拠点にしていたという。(以下略)

(日テレNEWS24 3月27日)

事件の舞台となった豊島・港・太田の民泊

今回事件の舞台となった3区内のAirbnb登録件数は、豊島区(1,538件)、港区(1,305件)、大田区(577件)。特に豊島区と港区のAirbnb登録件数は23区内でも1千件を超える第2グループに属する多さ(次図)。

Airbnb登録件数(東京23区)
全国Airbnb登録件数6万件(前月比▲0.1%微減)」より

民泊を悪用した犯罪は11件目

民泊絡みの覚醒剤事件は昨年6月にも摘発されている。このときの容疑者は日本人の音楽プロデューサーらだった(民泊で初の違法薬物事件!)。

民泊を悪用した犯罪で報じられた事件は、これが11件目。

盗撮、窃盗、空き巣、性的暴行、覚醒剤密輸、不正出金。住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されると、このような犯罪は防げるのか。あるいは世間が事件慣れして、ニュースバリューがなくなっていくのか……。

これまでに報じられた事件は次の10件。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.