不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

民泊で初の違法薬物事件!

民泊を悪用し覚醒剤を密輸したとして、警視庁は6月16日、無職の男女2人を覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕。民泊を利用した違法薬物の輸入事件の摘発は警視庁で初めて。

「民泊」悪用し覚醒剤密輸した男女を逮捕 ロックバンド「LINDBERG」手がけた音楽プロデューサーも覚醒剤使用で

民泊を悪用し覚醒剤を密輸したとして、警視庁組織犯罪対策5課は覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)容疑で無職、白井一祥(39)=横浜市磯子区磯子=と同、畑中乙穂(いつほ)(26)=東京都渋谷区代官山町=の両容疑者を逮捕。覚醒剤を使用したとして同法違反(使用)容疑で、音楽プロデューサー、月光恵亮(つきみつ・けいすけ)容疑者(65)=同=を逮捕した。

民泊を利用した違法薬物の輸入事件の摘発は警視庁で初めて。(中略)

目黒区の民泊のマンションの一室に、畑中容疑者の知人男性宛てに米国から覚醒剤を送り、不在票を回収した畑中容疑者が、自宅に転送するよう配送業者に依頼していたという。

(産経ニュース 6月16日)

 

これまでも、違法民泊が犯罪の温床になり得ることは指摘されていたのだが、民泊を悪用した事件の摘発は5月1日に顕在化した「台湾人らによる無許可民泊拠点に不正出金事件」に続き、2件目となった。

 

ちなみに、今回事件の舞台となった目黒区内のAirbnb登録件数は、約500件。23区では10番目。特に多いというわけではない。

Airbnb登録件数(東京23区)
Airbnb登録件数|大阪市西成区増加傾向」より

 

目黒区内のAirbnb登録物件は、一様に分布している(次図)。

Airbnb登録物件の分布(目黒)
AirLABOの地図に追記、6月16日現在)

 

住宅宿泊事業法(民泊新法)は、6月9日の参院本会議で可決、成立した

でも、同法が施行されるのは、早くても18年1月。まだ半年も先だ。

違法民泊への対応が急がれる。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.