不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

羽田新ルート|地下鉄「窓上ポスターの字は小さすぎて読めないっ!」

国土交通省は2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、羽田新ルートの運用を開始すべく、住民に「丁寧に情報提供」するとしている。

「丁寧に情報提供」の実績を重ねている国交省

具体的な手段として、「ニュースレター」「ホームページ」「新聞・雑誌」「情報発信拠点」「特設窓口」「住民説明会」を掲げている(次図)。

今後の皆様への情報提供

羽田空港の国際線増便に向けた取り組みの状況については、さまざまな手法を組み合わせ、丁寧に情報提供させていただくとともに、皆様のご質問やご懸念に丁寧にお答えしていきます。 

取組状況・今後の進め方|国土交通省

ただ、これらの情報提供手段はいずれも、国交省の実績作りにこそなれ、住民の役に立っているとは言い難いことは、このブログで紹介してきた。


このほかにも、国交省は10月3日から3か月間、文化放送(ラジオ)で毎週水曜9時45分からの5分枠を使って、羽田空港の機能強化の取り組みを宣伝しているのだが、放送内容は羽田新ルートの影響を受ける多くの人たちに届いているのか(羽田新ルート|国交省が文化放送で情報提供)。

地下鉄「窓上ポスターの字は小さすぎて読めないっ!」

さらに最近は、電車のドア上部に設置した液晶ディスプレイで羽田新ルートの動画CMを流したり、窓上のポスターで宣伝したりしているのを見かけるようになった(写真)。

地下鉄車内の窓上ポスター


「窓上ポスターの字は小さすぎて読めないっ!」(渡辺謙風に)

近づいて読んでみると、「環境への影響をできる限り小さく」とか、「世界に類を見ない厳しい基準を策定」とか、都合のいいことしか書かれていないことが分かる。

2020年 羽田空港空 国際線増便の実現に向け、準備を進めていきます。
皆様からいただいたご意見を踏まえ、騒音と落下物への対策を徹底します。

  • 騒音対策
    環境への影響をできる限り小さくすべく、取り組みを実施します
  • 落下物対策
    世界に類を見ない厳しい基準を策定し、対策を強化します

何人くらいがどの程度の騒音の影響を受けるのかとか、不動産価値下落のことなど、羽田新ルート推進にとって都合の悪いことは触れられていない。

 

ちなみに、ドア上部液晶ディスプレイ(東京メトロビジョン)の料金は、1週間15秒スポットで300万円(税別)。また、窓上ポスターの料金は、2週間・A枠・ワイドサイズの場合、銀座線で246万円(税別)、丸ノ内線で237万円(税別)となっている(いずれもメトロアドエージェンシー「料金表一覧」より)。

「丁寧な情報提供」の実績づくりのために、血税がムダに使われていないか……。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2018年6月1日、このブログ開設から14周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.