不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

24か所目!羽田新ルートのパネル展示@新宿区

国交省が羽田新飛行ルートに係る「情報発信拠点」(パネル展示)を開設するのは、今回の新宿区で24か所目。

新宿区でパネル展示が行われるのは、今年の2月に続き今回が2回目。


もくじ

新宿区で2回目のパネル展示

国交省が運営しているサイト「羽田空港のこれから」を閲覧していて、11月26日付けで「新宿駅西口広場における情報発信拠点の開設について」のお知らせが掲載されていることに気がついた。

新宿駅西口広場で、12月12日(水)から12月14日(金)までの3日間、羽田新飛行ルートに係る「情報発信拠点」(パネル展示)が開設される(次図)。

新宿駅西口広場における情報発信拠点の開設について
新宿駅西口広場における情報発信拠点の開設について

国交省が羽田新飛行ルートに係る「情報発信拠点」(パネル展示)を開設するのは、今回の新宿区で24か所目。

新宿区でパネル展示が行われるのは、今年の2月に続き今回が2回目。(次表)。

「情報発信拠点」の周知期間・開設日数等

今回の新宿駅西口広場はたくさんの見学者期待できそうなのだが、なぜか開設期間はたったの3日間。しかも最終日は16時までだ。「国交省はたくさんの人に来てほしくない」と思われても仕方がないのではないか。

国交省の実績作りが加速している

8月以降、パネル展示の開設頻度が増している。昨年度は11か所であったが、今年度はすでに13か所(次図)。

事前の周知期間は伸びたが、開設日数はやや短くなった。

「情報発信拠点」の開設状況

新宿区民の3割(9万人)が騒音の影響を受ける

新宿区上空にはC滑走路到着ルートが設定されている。南風・好天時(年間4割)、15~19時の時間帯のうちの3時間、1時間当たり30回(2分ごと)の頻度で上空から騒音が降り注ぐ。
新宿駅の上空900mを大型機が通過(C滑走路到着ルート)する際に、地上での騒音レベルは約70dB(次図)。

新宿区民の3割(9万人)が騒音の影響を受ける
飛行ルート周辺の騒音マップを描いてみた」より

 

新宿区民の3割(9万人)が騒音の影響を受ける可能性があるのだが、さて、新宿区民の何人がこのパネル展示を見に行くのか……。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2018年6月1日、このブログ開設から14周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.