不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています


羽田新ルート|国の予算編成(2023年度)に対する東京都の提案要求

東京都は11月17日、「令和5年度 国の予算編成に対する東京都の提案要求」を公表。

「概要版」(3枚)、「抜粋版」(71枚)、「提案要求資料」(≒詳細版)(316枚)の3種類(次図)。

令和5年度 国の予算編成に対する東京都の提案要求


もくじ

国への提案要求内容、昨年度とほぼ同じだが…

概要版」には、羽田新ルートに係る記載はない(昨年度も記載はなかった)。

 

「抜粋版」には、「施策1 羽田国際空港の機能強化 」対して、「国への提案要求内容」が掲載されている(次図)。

国への提案要求内容
(抜粋版 P2-3)

「具体的要求内容」は次のとおり。

具体的要求内容

  • (1)※省略

  • (2)新飛行経路運用開始後も、情報提供については、様々な手段を通じて、地元への丁寧な情報提供と意見聴取に努めること

    安全対策については、引き続き万全を尽くし、落下物対策の強化に向けて、落下物防止対策基準の充実や安全対策の取組に関する情報提供の充実に努めること。

    騒音対策については、低騒音機の導入促進を図るとともに、防音工事助成の円滑な実施に努めること。
    また、飛行高度の引上げを安定的に実現するため、航空保安施設の整備を実施すること。加えて、新飛行経路に関連し増設された騒音測定局による騒音影響の監視及び情報提供に取り組むこと

    さらに、羽田空港の機能強化に対する関係区市の意見への回答に沿うよう、引き続き丁寧かつ真摯に対応すること
  • (3)長期的な航空需要の増加に対応するため、更なる機能強化について検討を進めること

    なお、検討に当たっては、空港機能と港湾機能が共存できるよう配慮すること。

 

じつはこの要求内容は昨年度出された「令和4年度 国の予算編成に対する東京都の提案要求」とほぼ同じ。

変ったのは、東京2020への言及がなくなったことだ(朱書きの文言が削除された)。

(昨年度)

  • (3)長期的な航空需要の増加に対応するため、東京 2020 大会開催以降の方策な更なる機能強化について検討を進めること。

(今年度)

  • (3) 長期的な航空需要の増加に対応するため、更なる機能強化について検討を進めること。

 

ちなみに、「提案要求資料」(詳細版)には、「22 羽田空港の更なる機能強化と国際化の推進」の一番目に、「羽田空港の更なる機能強化と国際化 」が掲げられている。「抜粋版」との違いは、(2)~(5)の項目が追記されていること。

  • (1)羽田空港の更なる機能強化と国際化を推進するため、空港容量の拡大について可能な限りの方策を総合的に検討すること。2020年の新飛行経路の運用開始後も、引き続き地元への丁寧な情報提供と、騒音・安全対策等を着実に進めること。
  • (2)夜間駐機場の拡充など、拠点空港機能の強化を進めること。
  • (3)再拡張事業により拡大された深夜早朝時間帯の発着枠について、有効に活用すること。
  • (4)羽田空港の更なる機能強化に併せて、ビジネス航空の一層の受入体制の強化を図ること。
  • (5)自然災害や不測の事態に対して、航空機発着の定時性確保や空港の安全確保に万全を期すため、適切な対策を講じること。

 

コピペ文章からは、羽田新ルート問題に対する都知事のやる気のなさしか感じられないのは筆者だけか……。

とはいえ、「長期的な航空需要の増加に対応するため、更なる機能強化についても検討を進めること」を見逃すわけにはいかない。

「更なる機能強化」の検討を国に要求した意味

「長期的な航空需要の増加に対応するため、更なる機能強化」と言われても、多くの都民にはピンとこないだろう。「更なる機能強化」とは、「第5滑走路(E滑走路)」の増設計画のことを示唆している。

東京都は19年8月22日に公表した「『未来の東京』への論点」のなかでも、「第5滑走路(E滑走路)」という言葉は使わずに、「羽田空港の更なる機能強化」を謳っている(都の長期戦略に「羽田空港の更なる機能強化」)。

都議会定例会(19年9月9日)で東京都技官は「都が滑走路の増設に向けて国と協議に着手する方針であるという事実はございません」と、読売記事「羽田滑走路 増設協議へ…都と国 機能強化へ5本目」の火消しに回っていた。

「第5滑走路(E滑走路)」という議論百出しそうな表現の代わりに「羽田空港の更なる機能強化」を言い続けること。これにより、国は都(都民)からの要望に応えたという形で第5滑走路(E滑走路)の増設計画を進めることができる。

 

第5滑走路(E滑走路)は、工事費6,200~9,700億円程度、工事期間10~15年程度(地域との合意、関係者調整、環境アセスメントに必要な期間を除く)とされている。

第5滑走路(E滑走路)が運用されると、明治神宮外苑を南下して、青山一丁目、国立新美術館、六本木ヒルズ毛利庭園、麻布十番、三田の慶応、品川埠頭の上空を通過することになる(次図、紫色の直線)。

羽田新ルートの影響を受ける町丁目マップ(港区)
羽田新ルート|次は第5滑走路の増設!? 」より

あわせて読みたい(第5滑走路増設関連の記事)

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.