不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


元旦の午前中、課税当局があなたの資産を空撮しているかも

元旦の午前中、3機のセスナが首都圏上空を飛び回っていたことをご存じだろうか。


もくじ

元旦午前中、セスナ3機が飛び回っていた

飛行経路が確認できるFlightradar24で調べて見ると、調布飛行場を出発した3機のセスナが特定のエリアをなめるように飛行している様子が分かる(次図)。

元旦の午前中、課税当局があなたの資産を空撮しているかも
(flightradar24 22年元旦12時現在)

家屋の経年変化を空からチェック

なぜ、多くの国民が寛いでいる元旦の午前中にセスナ機が飛んでいるのか?

航空写真を活用した固定資産の現況調査の推進について(平成5 年 6 月22 日自治評第 26 号各都道府県総務部長、東京都総務・主税局長宛て自治省税務局資産評価室長通達)」以降、多くの自治体が空中写真撮影を活用した固定資産の調査を実施している。

評価替えの基準日は1月1日なので、この時期に空中撮影が集中するというわけだ。

空撮による固定資産調査結果が大きな収入源につながっている大都市圏では、年末年始の恒例行事となっているのである。

なお、課税主体は、税務署ではなくて、「その固定資産の所在する市町村」(地方税法第5条第2項)である。また、東京23区内では、区ではなく都が課税している(地方税法第734条)。

 

今年は元旦のほか、1月2日にもセスナが1機、川越市周辺を空撮していた。

昨年は、元旦に4機のセスナが空撮していただけでなく、12月31日に3機のセスナが埼玉県(日高市、越谷市・春日部市)と千葉県房総半島南部を空撮していた。
※詳しくは「元旦の朝、課税当局が空からあなたの資産をチェック」参照。

あわせて読みたい

2021年6月1日、このブログ開設から17周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.