不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


2022年首都圏マンション市場予測|3.4万戸は希望的観測値!?

不動産経済研究所は12月21日、「首都圏マンション市場予測2022年」を発表。

21年の3.25万戸(見込み)に対して、22年は4.6%増の3.4万戸という予測。

マンション供給は4.6%増の3.4万戸。活況続き2年連続の増加に。

  • 2021年は前年比19.4%増の3.25万戸の見込み。コロナ禍でマンション人気が回復。
  • 2022年は前年比4.6%増の3.4万戸。都下、埼玉県、千葉県が大幅増へ。
  • 住宅ニーズは高い状態続く。大手、中堅ともに郊外で積極攻勢。

 

この予測はどの程度当たるのか?


もくじ

首都圏、実績が予測を上回ったのは3回(06~21年)

不動産経済研究所は毎年この時期に、翌年の供給戸数の予測値を発表している。この予測値はどの程度当たったのか、過去の資料をひも解き、可視化してみた(次図)。

過去16回(06~21年)、首都圏の供給戸数の実績が予測を上回ったのは3回だけ

リーマンショックの影響から解放され新規取得案件が増えた10年と、消費増税前の駆け込みで増加した13年、それと昨年。しかも、上振れした時の乖離は小さい。

同研究所が発表する予測は毎回、希望的観測に満ち溢れていると言えなくもない。

新築マンション供給戸数(首都圏) 予測と実績

23区、実績が予測を上回ったのは2回(07~21年)

23区の場合、供給戸数の実績が予測を上回ったのは10年と昨年の2回だけ(次図)。

新築マンション供給戸数(23区) 予測と実績

3.4万戸は希望的観測値!?

新築マンション価格が高騰し、もはや庶民の手には届かないほどの水準に高止まりしている。投資家や富裕層頼みのマンション需要は、株価に大きく影響される。

22年の世界経済が新型コロナの変位株の拡大や中国経済の下振れリスクが懸念されるなか、22年の首都圏の新築マンション供給戸数3.4万戸は強気な数字ではないのか。今回もまた希望的観測値か……。

あわせて読みたい

2021年6月1日、このブログ開設から17周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.