不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


SUUMO不動産会社ガイド2020、住友不動産3年連続ゼロ

今週発行された『SUUMO新築マンション 首都圏版』(12月10日号)はズッシリと重い。

毎年恒例の「不動産会社ガイド」の2020年保存版だ。


もくじ

SUUMO「不動産会社ガイド」
全640ページのうち、約6割(370ページ)が「不動産会社ガイド」に費やされている。

ページをめくっていくと、アイウエオ順ではなく、1社当たりのページ数の多い順(広告料の多い順?)に掲載されていることが分かる。

1位三菱地所R、2位三井不動産R

10ページ以上掲載されているのは15社(次図)。

1位は三菱地所レジデンスの36ページ。「不動産会社ガイド」の1割近くを占めている。2位三井不動産レジデンシャル(30ページ)、3位名鉄不動産(22ページ)。

2020年保存版 不動産会社ガイド 掲載ページ数(上位15社)

 

ここまで読んでいて、「おやっ?」と思った方は、鋭い!

住友不動産、3年連続ゼロ

19年の上位5社について、14年以降の掲載ページ数の変化を可視化したのが次図。

大手不動産(三菱地所R、三井不動産、住友不動産、野村不動産)のうち、それまでダントツ1位だった住友不動産の掲載ページ数が3年連続ゼロなのである。

住友不動産はフリーペーパーSUUMOという紙媒体には出稿のメリットがないと判断したのだろうか。ちなみに、野村不動産は毎年8ページでTOP10にも入っていない。

SUUMO掲載ページ数の変化(上位5社)

 

大手不動産3社(三菱地所R、三井不動産、住友不動産)の掲載ページ数の推移を可視化したのが次図。

14~16年と比べて、17年は住友不動産分がスッポリ抜け落ちているように見える

さらに18年・19年は住友不動産分がスッポリ抜け落ちただけでなく、ページ数全体が減少している

紙ベースの不動産広告は減少していく運命にあるのか……。

SUUMO「不動産会社ガイド」 掲載ページ数内訳

5割シェア、上位5社から10社に

あらためて総宣伝ページ数に占める上位10社のシェアの変化を可視化してみた。

16年に6割を超えていたシェアは、19年には5割まで低下している(次図)。

総宣伝ページ数・上位10位シェアの推移

 

16年と19年のシェアの内訳を比較したのが次図。

16年には上位5社で5割のシェアを占めていたのだが、19年になると上位10社でなんとかシェア5割に近づくといった状況。

SUUMO掲載ページ数シェアの変化

もはやG7(先進7か国)だけでは世界経済をコントロールできないから、G20(新興国なども含めた20か国)を集めたみたいな……。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.