不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

SUUMO新築マンションに「値下げ表示物件」登場、「価格表掲載物件」増加

ブログの読者から大変興味深い情報を頂戴した。

フリーペーパーの「SUUMO新築マンション」に、あからさまな値下げ表示物件が掲載されているというのである。

「〇〇万円DOWN」といった値下げ広告は、マンションの折り込みチラシではお馴染みだ。近年のSUUMOには価格表が掲載された物件が増えてきたのは認識していたが、値下げ表示物件があることには気付かなかった。

気になったので、「値下げ表示物件」がどのくらい増えてきたのか、「価格表掲載物件」と合わせて調べてみた。

調査対象は、「SUUMO新築マンション(首都圏版)」の直近3冊(19年2月19日号~3月19日号)と同時期1年前の5冊(18年2月20日号~3月20日号)。

※1年前と比較対象の冊数が違うのは、19年2月5日号以降SUUMOが隔週化されたため。

「値下げ表示物件」は、すべて新古マンションだった

直近3冊を調べてみると、写真のような「値下げ表示物件」が確認できる。

値下げ表示物件


直近3冊に掲載されていた「値下げ表示物件」は次の4件。すべて新古マンション(竣工して1年以上経過した未入居マンション)であった。

  • 物件I(136戸、7階建て、17年3月2日竣工)
  • 物件J(267戸、8階建て、17年8月30日竣工)
  • 物件K(288戸、8階建て、16年6月30日竣工)
  • 物件L(468戸、14階建て、17年1月13日竣工)

一方、1年前の同時期には、「値下げ表示物件」は見当たらなかった。この1年で値下げ表示物件が登場したということになる。

以前は、既契約者からのクレームを回避するため、あるいは売れ行き不振を知られないために、あからさまな値下げ表示はしないという暗黙のルールがあったのではないだろうか。

「値下げ表示物件」の登場は、背に腹は代えられないというマンション事情でもあるのだろうか……

「価格表掲載物件」が増えた

では、価格表が掲載された物件はどの程度増えてきたのか?

直近3冊に掲載されていた値下げ表示物件は次の8件。うち6件が竣工済みだ。さすがに新古マンションは含まれていない。

  • 物件A(439戸、14階建て、19年8月下旬竣工予定
  • 物件B(500戸、15階建て、19年1月中旬竣工
  • 物件C(279戸、7階建て、19年2月13日竣工
  • 物件D(225戸、15階建て、18年7月竣工
  • 物件E(53戸、12階建て、19年3月竣工
  • 物件F(218戸、9階建て、19年2月6日竣工
  • 物件G(164戸、9階建て、19年8月下旬竣工予定
  • 物件H(191戸、8階建て、18年8月31日竣工

ページの半分近くが価格表で占められた、身も蓋もないような物件広告も観測される(写真)。

価格表掲載物件

1年前の同時期にも価格表掲載物件は観測されたが、次のように3件(すべて竣工済み)と少ない。

  • 物件M(500戸、15階建て、19年1月中旬竣工
  • 物件N(299戸、11階建て、16年2月9日竣工
  • 物件O(252戸、11階建て、18年1月19日竣工


なぜ、価格表掲載物件が増えてきたのか?

要因の一つは、売主が価格表を非公開扱いにしても、マンション・ブロガーや「住まいサーフィン」で価格情報が公開されてしまうことにあるのではないか。

※「住まいサーフィン」に会員登録(無料)すると、すべての物件ではないが価格表を閲覧することができる。

あわせて読みたい(SUUMO関連記事)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.