不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


NRI未来予測!2040年度の住宅着工戸数54%減

野村総合研究所(NRI)はこのたび、「NRI未来年表 2021-2100」を発表。

NRI未来年表 2021-2100

全8枚。NRI予測として、「住宅着工戸数」の予測値も記されている。

 

19年度の全国の新設住宅の着工戸数は約88万戸(建築着工統計調査報告(令和元年度分)|国土交通省)。それが11年後の2030年度には63万戸(▲29%)、21年後の2040年度には41万戸(▲54%)に減少してしまうのである。

国交省が定期的に公表している「建築着工統計調査」の数字と合わせて可視化してみると、2040年度の41万戸がいかに衝撃的な数字であるかが分かる(次図)。

新設住宅着工戸数(実績と予測)


90年代のバブル崩壊、00年代の耐震偽装・リーマンショックなどを経て、消費税増税前駆け込み需要などで一時的に盛り返すものの、住宅着工戸数は今後も減少し続ける見通しとなっている。

あわせて読みたい

2021年6月1日、このブログ開設から17周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.