不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


首都圏新築マンション市場動向(20年1月)|失速の兆候を見せ始めていたところに、高額物件の大量供給

不動産経済研究所は2月17日、「1月の首都圏新築マンション市場動向」を発表。

  • 発売は34.5%減の1,245戸、都区部2割増も埼玉県などが激減。
  • 戸当たり8,360万円、m2単価126.2万円。高額物件の供給で大幅上昇

庶民にとって嬉しくない状況が記されている。

ただ、これだけではよく分からないので、同研究所が過去に発表した数値データも含め、いつものように、首都圏の新築マンション市場動向のトレンドを可視化してみた。


もくじ

発売戸数・発売単価・販売在庫の推移(首都圏)

発売単価は、下落傾向を見せ始めていたところに、高額物件の大量供給により急上昇販売在庫数は高水準を維持。発売戸数は上下動が激しいが、低水準からやや上昇か(次図)。

発売戸数・発売単価・販売在庫の推移(首都圏)

発売戸数の推移(1都3県)

23区に着目すると、1月の発売戸数734戸は、前年同月比で21.1%増(次図)。

発売戸数の推移(1都3県)

m2単価の推移(1都3県)

23区の発売単価は、下落傾向を見せ始めていたところに、高額物件の大量供給により急上昇。(次図)。

m2単価の推移(1都3県)

価格帯別の発売戸数割合の推移(23区)

23区の発売戸数の割合は、5千万円を境に2極化している。5千万円以下の価格帯の供給割合は激減。億ションの大量供給の影響が大きい(次図)。

新築マンション価格帯別の発売戸数割合の推移(23区)

億ションの発売戸数・率の推移(23区)

億ション率(全発売戸数に占める億ションの割合)は、18年9月の4.5%を底にやや増加傾向にある

1月は億ションの大量供給の影響が見られる(次図)。

新築億ション発売戸数・率の推移(23区)

まとめ

マンション市場は失速の兆候を見せ始めていたところに、高額物件の大量供給の影響が出た。一時的な状況なのか……。

  • 首都圏の発売単価は、下落傾向を見せ始めていたとことに、高額物件の大量供給により急上昇。販売在庫数は高水準を維持。
  • 23区の発売単価は、下落傾向を見せ始めていたとことに、高額物件の大量供給により急上昇
  • 23区の発売戸数の割合は、5千万円を境に2極化。5千万円以下の価格帯の供給割合は激減。
  • 23区の億ション率(全発売戸数に占める億ションの割合)は、18年9月の4.5%を底にやや増加傾向。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.