不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


羽田新ルート|11月29日決定告示、制限表面の設定に係る一連の手続き完了

本日(11月29日)、制限表面の設定に係る決定告示が官報に出たので、備忘録としてまとめておく。


もくじ

制限表面の設定に係る3つの手続き

国交省は来年3月2日の羽田新ルートの運用開始に向けて、制限表面の設定(≒羽田新ルートに係る建物等の高さ制限の設定)に係る手続きを粛々と進めてきた。

同設定の手続きとしては、次の3項目が予定されていた(次図)

  • 予定告示:2019.9
  • 公聴会:2019.10
  • 決定告示:2019.11

円錐表面及び外側水平表面の変更に関する告示スケジュール

本日(11月29日)、3つ目の決定告示が官報に出たことで、制限表面の設定に係る一連の手続きは完了したことになる。

  • 予定告示:19年9月30日(済)
  • 公聴会:19年10月29日(済)
  • 決定告示:19年11月29日(済)

「予定告示」と「決定告示」の内容は何が違うのか?

日付以外に違うのは一か所だけ。

すなわち、予定告示の「・・・変更を加えたいので・・・」に対してと、決定告は「・・・変更を加えるので・・・」と記されているのだ(次図)。

円錐表面及び外側水平表面の変更に関する告示

一般市民からみれば、どうでもいいようなことに思えるのだが、国交省にとっては瑕疵のない手続きとして欠かせないということなのだろう。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.