不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


羽田新ルート|パネル展示@台東・世田谷区

国交省は11月6日、台東区と世田谷区で情報発信拠点(パネル展示)の開設することを公表。

台東区も世田谷区も羽田新ルートが通過する区に含まれていなかったためなのか、これまで教室型説明会はおろかオープンハウス型説明会さえ開催されてこなかったのだが……。


もくじ

台東・世田谷区内で初めてのパネル展示

国交省が羽田新飛行ルートに係る第6フェーズ説明会(オープンハウス型説明会)の開催日程を公表したのは10月29日(羽田新ルート|第6フェーズ説明会は消化試合)。

 

それとは別に国交省は11月6日、台東区と世田谷区で情報発信拠点(パネル展示)の開設することを公表した(次図)。

台東区と世田谷区で情報発信拠点(パネル展示)の開設することを公表
お知らせ|羽田空港のこれから

台東区世田谷区
情報発信拠点の開設|羽田空港のこれから

 

「情報発信拠点」(パネル展示)が開設されるのは、今回の世田谷区で47か所目になるのだが、台東区、世田谷区での開設は初めて(次表)。

「情報発信拠点」の周知期間・開設日数等

国交省の実績作りは続く…

国交省がこれまでに羽田新ルートに係る「情報発信拠点」(パネル展示)を開設したのは、17年度11か所、18年度19か所。19年度17か所(11月6日現在)。

「情報発信拠点」の開設状況

台東・世田谷区はHPで周知

台東区はどうしているのかと言えば、区HPで11月1日に周知している(次図)。 

 羽田空港の機能強化|台東区
羽田空港の機能強化|台東区

また、世田谷区も区HPで11月5日に周知している(次図)。

羽田空港の機能強化|世田谷区
羽田空港の機能強化|世田谷区

 

ただ、両区とも最新の広報紙では周知していない(「広報たいとう 11月5日号」「せたがや 11月1日号」)。

雑感

台東区も世田谷区も羽田新ルートが通過する区に含まれていなかったためなのか(次図)、これまで教室型説明会はおろかオープンハウス型説明会さえ開催されてこなかった。

羽田新ルート|騒音影響を受ける区民100万人超
羽田新ルート|騒音影響を受ける区民100万人超」より

 

また、11月18日から開始される第6フェーズのオープンハウス型説明会(36会場、延べ開催日数60日)の対象にもなっていない。

今回急遽オープンハウス型説明会(パネル展示)が開設されることになったのは、早朝からの検査飛行機の騒音で起こされた区民が「これはいったい何なんだ?」ということで、開催されることになったということはないのか。

まあ、国交省としては、台東区民にも世田谷区民にも”丁寧な説明”を実施したというエビデンスにはなるのであろう。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.