不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

首都圏新築マンション 即日完売物件ゼロの衝撃

不動産経済研究所は6月14日、「5月の首都圏マンション市場動向」を発表。同発表資料には、衝撃的な情報が記載されていた。「即日完売物件はなし」


もくじ

即日完売物件ゼロの衝撃

不動産経済研究所は6月14日、「5月の首都圏マンション市場動向」を発表。

発売単価は、上下動を繰り返しながら上昇傾向にあったが、やや鈍化気味。販売在庫数は、高止まり(次図)。

「高くて売れない状況」がまだまだ続いている。

発売戸数・発売単価・販売在庫の推移(首都圏)
首都圏新築マンション市場動向(5月)|即日完売物件ゼロ!」より

 

同発表資料には、衝撃的な情報が記載されていた。

(5)即日完売物件はなし

なんと、5月は即日完売物件がなかったというのである。

 

「予告広告」でモデルルームに集客しておいて、「即日完売」できる戸数の見通しが得られた段階で「本広告」を出して受付・抽選に走れば、「即日完売」が可能と考えられていたのだが、最近はどうやら様子が違ってきたようだ。 

急激に低下している即日完売率

不動産経済研究所が毎月発表する資料には、即日完売率(=即日完売物件数÷発売戸数)のデータも掲載されているので、過去の発表資料をひも解き、即日完売率の推移を可視化してみた(次図)。

月間発売戸数と即日完売率の推移 (首都圏新築マンション)

即日完売率は、月により上下動はあるものの、5年ほど前から減少傾向にあることが分かる。

15年9月以降は、概ね1桁台にまで落ち込んでいる。さらに18年1月以降は、3月以外は1%にも届いていない。

そして5月は遂にゼロを記録。即日完売物件がゼロだったのは、「比較可能な1990年以降で初めてという(日経記事)」。

18年(1月~5月の平均)の即日完売率1.4%にまで低下

もう少し見やすくするために、月間データを年間に集計し直したのが次図。

即日完売率は10年の13.3%をピークに低下傾向にあることが一目瞭然である。

18年(1月から5月の平均)は1.4%にまで低下しているのだ。

首都圏の新築マンション市況が異変をきたし始めている・・・・・・。

年間発売戸数と即日完売率の推移 (首都圏新築マンション)

あわせて読みたい

(本日、マンション広告1枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2018年6月1日、このブログ開設から14周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.