不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


羽田新ルート|「悪天時」ルート運用実績 ※適宜更新

※9月7日更新

悪天時」ルートが運用されると、地域によっては「好天時」よりも低く飛ぶ(すなわち騒音が大きくなる)。「悪天時」は、「好天時」のルートの一部が西側にシフトし、かつ飛行高度が低くなる(次図)。

悪天時ルート図
羽田新ルート|「悪天時」特に影響する地域」より

羽田新ルートの本格運用が始まったのは20年3月29日。これまでの「悪天時」ルートの運用実績をまとめておいた。

「悪天時」ルート運用切り替え実績

羽田新ルートの本格運用が始まって以来、「悪天時」ルートが運用されたのは合計8日間(次表、9月7日現在)。

"南風時の「悪天時」ルート 運用切り替え実績"
(国交省が運用しているサイト「羽田空港飛行コース」の「過去の運用状況」として公開されている、運用譲状況履歴データをもとに筆者作成)

「悪天時」ルート運用実績(月別)

南風時の「好天時」「悪天時」ルートの月別運用実績を次図に示す。

「悪天時」ルートの運用日数は、6月以降増加する傾向が見られたが、8月はゼロ。
悪天時率(=1か月間に占める悪天時運用日数の割合)は6月・7月とも10%。

南風時の「好天時」「悪天時」ルート運用実績
(同上)

 

「悪天時」ルートの運用が夏場に多くなることは、筆者の予想通りの結果となりそうだ(次図)。

悪天時に江戸川区上空を飛行する日数
羽田新ルート|「悪天時」はどのくらい発生するのか?」より

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.