不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


羽田新ルート|「悪天時」特に影響する地域

南風時に都心上空を通過して羽田に到着するルートの運用が4月3日に始まって以来、「悪天時」ルートで運用されたのは6月11日が2回目。

「悪天時」の運用がされると、地域によっては「好天時」よりも低く飛ぶ(すなわち騒音が大きくなる)。


もくじ

6月11日、2回目の「悪天時」運用

南風時に都心上空を通過して羽田に到着するルートの運用が始まったのは4月3日。

4月は17日間、5月は19日間、そして6月は9日間(6月14日現在)運用された。合計45日間のうち、「悪天時」ルートで運用されたのは、2回だけ。4月18日と6月11日だ。

「悪天時」の運用がされると、地域によっては「好天時」よりも低く飛ぶ(すなわち騒音が大きくなる)。「悪天時」は、「好天時」のルートの一部が西側にシフトし、かつ飛行高度が低くなる(次図)。

悪天時ルート図
実機飛行確認経路(新飛行経路)|国交省」に加筆

「悪天時」特に影響する地域

実際の「好天時」と「悪天時」の航跡の違いを可視化したのが次図。

「好天時」運用だけの6月10日(左図)と比べると、「好天・悪天時」運用だった6月11日(右図)のほうが一部のルートが西側にズレているのである。

好天時と悪天時の航跡の違い
※国交省が運用しているサイト「羽田空港飛行コース」で公開されている「航跡図」に筆者が見出しを加筆した

 

上図のうち、「好天・悪天時」の航跡(右図)を拡大し、「悪天時」特に影響を受ける自治体名を緑色で追記したのが次図。

「好天時」には通過しないが、「悪天時」になると通過するのが、さいたま市の浦和区と桜区、朝霞市、蕨市。特に蕨市以外は高度900mで通過するので騒音の影響が大きい。また、和光市は「好天時」1500mだが「悪天時」900m。

あと、練馬区と中野区は、「好天時」の高度は1350⇒1200mだが、「悪天時」の高度は900mと低くなるので、騒音が大きくなる。

「悪天時」特に影響する地域

「飛行騒音はたいしたことない」と思うなかれ

国交省が運用しているサイト「羽田空港飛行コース」に公開されている「過去の運用状況」をひも解くと、6月11日に「悪天時」の運用が実施されたのは30分間(17:08~17:38)だったことが分かる。

  • 17:00 RNAV  LDG RWY 16L/16R(好天時 C/A滑走路到着ルート)
  • 17:08 ILS LDG RWY 16L/16R(悪天時 C/A滑走路到着ルート)
  • 17:26 ILS LDG RWY 16L/16R(同上)
  • 17:30 ILS LDG RWY 16L/16R(同上)
  • 17:38 ILS LDG RWY 22/23(ILS B/D滑走路到着ルート)

6月11日に羽田新ルートを飛行した全44機のうち、「悪天時」ルートを飛行したのは、A滑走路到着ルート4機、C滑走路到着ルート9機でしかなかった。しかも大型機はボーイング777の2機だけだった(次表)。

だから、これをもって「飛行騒音はたいしたことない」と思わないほうがいいだろう。

機数内訳(6月11日)

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.