不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

社長 50万人調査|社長はマンション高層階を好む

社長はマンションの高層階住戸を好むのか?

東京商工リサーチ(TSR)は9月18日、全国約375万社のうち、マンションやアパートなど集合住宅に住み、部屋番号や階数が判明した50万4,200人の社長を分析した結果を発表。

売上高が高い社長ほど高層階に住んでいる

直近の売上高別で分析すると、売上高が高い社長ほど上層階住戸に住んでいることが分かる。売上高10億円未満の社長の平均階数は5.56階。100億円以上になると8階を超える(次図)。

社長宅の平均階数(売上高別)

金融・不動産業界の社長は高層階に住んでいる

業界別の平均階数は、金融・保険業が6.72階で最も高い。2位は不動産業で6.22階。建設業は4.10階と最も低い(次図)。

社長宅の平均階数(業界別)
金満業界の社長ほど、高層階住戸を好むということなのか……。

あわせて読みたい(本の紹介)

(本日、マンション広告1枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.