不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

13か所目!羽田新飛行ルートパネル展示@豊島区

国交省が羽田新飛行ルートに係る「情報発信拠点」の設置を行うのは、今回の豊島区が13か所目。

今回の周知期間は18日。これまでの最高記録(川崎市の41日間、年末年始を挟む)ほどではないがけっこう長い。


もくじ

周知期間は長くなった!?(13か所比較)

国交省が運営しているサイト「羽田空港のこれから」を閲覧して昨日(6月8日)、「豊島区における情報発信拠点の設置について」のお知らせが掲載されていることに気がついた(次図)。

豊島区における情報発信拠点の設置について
情報発信拠点の設置について|お知らせ

豊島区役所本庁舎1階、としまセンタースクエアで6月26日から28日の3日間、羽田新飛行ルートに係るパネル展示が行われる。

国交省が羽田新飛行ルートに係る「情報発信拠点」の設置を行うのは、今回の豊島区が13か所目(次表)。

今回の周知期間は18日。これまでの最高記録(川崎市の41日間、年末年始を挟む)ほどではないが、けっこう長い。でも、開設期間はたったの3日間、しかも最終日は14時まで。

じつは豊島区でパネル展示が行われるのは、昨年の11月末に続き今回が2回目。そのときも開設期間は3日間。多地点と比べて最も短い

「情報発信拠点」の周知期間・開設日数等

豊島区民に届いている!? 情報発信ブースの開設のお知らせ

豊島区のHPには6月9日、新着情報一覧に「羽田空港の機能強化について」が掲載された(次図)。

羽田空港の機能強化について New

この見出しに興味を抱き、クリックする豊島区民はどのくらいいるのか?

せめて「羽田新飛行ルートの情報発信ブース開設」くらいにしないと、興味を持ってもらえなのではないか。

「羽田空港の機能強化について」をクリックすると「情報発信ブースの開設について」が表示される(次図)。

(お知らせ)情報発信ブースの開設について

 

ちなみに「広報としま」の5月1日号から6月1日号(最新号)をザットチェックしたが、「情報発信ブース開設」の件は見当たらない。

はたして豊島区民のうち何人に、この情報が届いているのだろうか……。 

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2018年6月1日、このブログ開設から14周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.