不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

社会派賃貸ミステリー小説!?『瑕疵借り』

『千里眼』や『催眠』シリーズなどのミリオンセラー作家、松岡圭祐の書下ろし『瑕疵借り』講談社文庫 (2018/5/15)を読了。

瑕疵借り


訳あり物件に住み込む藤崎達也。

賃借人が死んだり事件事故が起きたりして、瑕疵の説明義務が生じた物件にあえて住む”瑕疵借り”を生業としている。色白で鼻筋の通った痩せた30代半ばのこの男性。

4つの短編(原発関連死、賃借人失踪、謎の自殺、家族の不審死)で、それぞれ瑕疵の原因を突き止め、物件から瑕疵を洗い流していく。

藤崎が頼られるのは、居直ったように割りきった専業の瑕疵借りだからではない。ごくわずかな期間で引き払おうと、後日問題が生じないのも、巧妙な隠蔽や根まわしがあるからではない。
 彼は瑕疵借りとして住みながら、物件の問題点を洗いだす。琴美が部屋を訪ねる前から、すでに事情を解明しつつあった。彼のやり方なのだろう。立つ鳥跡を濁さず、それが藤崎という瑕疵借りだった

(「土曜日のアパート」P87)

読後が爽やかな社会派賃貸ミステリー小説の誕生!?

そのうちコミックスかテレビドラマ化するかも……。

瑕疵借り (講談社文庫)

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2018年6月1日、このブログ開設から14周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.