不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


2022年元旦|今年のテーマ・新たな取り組み

新年明けましておめでとうございます。

昨年の投稿実績を振り返り、今年のテーマと新たな取り組みについてまとめてみた。


もくじ

元旦ルーティン

コンビニで全国紙と東京新聞を買ってくる。

毎年、元旦の早朝の行事である。

コンビニで全国紙と東京新聞

日経は高く、産経・東京は安い。

  • 日経¥200>読売¥160>毎日¥150>産経¥130=東京¥130

昨年は各紙とも1面でコロナを取り上げていたのだが(一昨年はゴーン被告レバノン逃亡だった)、今年は違う。各紙バラバラ(写真)。

2022年元旦の全国5紙+東京新聞
(2022年元旦の全国5紙+東京新聞)

昨年の投稿実績

「マンション・チラシの定点観測」と謳っておきながら、新聞の折り込みチラシはほぼ消滅(次図)。

マンション・チラシ観測枚数の推移
マンションチラシ消滅… 」掲載グラフを更新

17年余り、不動産全般にテーマを広げながら駄文を重ねてきたが、いつの間にか「民泊」記事が増えたかと思いきや、いまでは「羽田新ルート問題」記事で溢れかえっている(次図)。

昨年投稿した記事359件のうち「羽田新ルート問題」は165件、全体の46%を占めた。年間投稿数は17年528件(1.4件/日)をピークに漸減。21年は359件(1.0件/日)。

 

投稿件数が漸減傾向にあることにつき、思い当たる理由は二つ。

一つは、「不動産業 業況調査」「住宅宿泊事業の届出状況を可視化」「知事への声を可視化」といった月次データに係る記事を毎月新規に作成するのではなく、既設記事を更新するスタイルに改めたこと。

もう一つは、いわゆる「寄る年波には勝てない」ということなのかもしれない。

年間投稿件数の推移(カテゴリー別)

今年のテーマ・新たな取り組み

今年も昨年と同様、マンション情報とともに、羽田新ルート問題大規模災害(首都直下地震、南海トラフ地震、台風)、空き家問題(スラム化、孤独死)、アスベスト問題(リニューアル、建て替え)などをフォローしていきたいと考えている。

また、新たな取り組みとして、アニメ形式を用いた情報発信

昨年末、マンション専門ブログ「スムログ」に試行的に投稿してみたのが次の動画(1分50秒)。


マン点アニメ(2021年、23区マンション市場を振り返る) | スムログ


本年もよろしくお願いいたします。

あわせて読みたい

2021年6月1日、このブログ開設から17周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.