不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


羽田新ルート|国交省、部品欠落件数を訂正

以下、備忘録として整理しておく。


国交省は12月16日、部品欠落件数のうち、「重量別割合」の内訳個数の訂正を公表。

9月14日に公表した「第8回(21年4~5月分)」と11月15日に公表した「第9回(21年6~7月分)」の2回分に間違いがあったという。

国交省、訂正のお知らせ
【お詫びと訂正】羽田空港の新飛行経路の定期運用報告(第8回、第9回)において、資料に一部誤りがありました。お詫びして訂正させていただきます。 - 国土交通省



どの程度間違っていたのか?

訂正前の資料は既に訂正後の資料で上書きされているので、確認できないようになっている。

でも、このような事態に備えて、筆者は過去に発表された資料のバックアップを取っているので、訂正前後の違いを確認することができる。

 

念のため、訂正前後の違いを比較した結果を次図、次々図に示す。

結論を先に言えば、大勢に影響はなさそうだ。

気になることと言えば、国交省はヘンなところで無謬体質を発揮していることである。

第8回(21年4~5月分)

訂正は2か所(次図、ピンク色囲み)。

第8回(21年4~5月分)

第9回(21年6~7月分)

訂正は3か所(次図、ピンク色囲み)。

第9回(21年6~7月分)

部品欠落個数の推移(重量別)

訂正データを反映した部品欠落個数の推移(重量別)を次図に示す。

落下物のほとんどが50g未満。

部品欠落個数の推移(重量別)

羽田新ルート|国交省の「定期運用報告」を可視化 ※随時更新 」より

あわせて読みたい

2021年6月1日、このブログ開設から17周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.