不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


民泊|五輪料金(1泊100万円以上)は都内3件

五輪期間中の「民泊」利用料はエゲツナイほどに高騰しているという話。これが日本のおもてなし……。

1泊500万円の「民泊」(日刊ゲンダイ)

五輪期間中、1泊45万円の「民泊」を報じた日経ビジネスに対して、日刊ゲンダイは1泊500万円の民泊を見つけたという。

料金高騰で1泊500万円も!東京五輪期間中に民泊で稼ぐには

来年のオリンピック期間中、1泊45万円の「民泊」が都内に登場したという日経ビジネス(電子版)の記事。主要なホテルが大会組織委員会や旅行代理店に押さえられ、民泊料金が高騰しているといった内容だ。(中略)
びっくり仰天とはまさにこのことだが、改めて日刊ゲンダイ記者が同サイトをチェックしてみたところ、45万円どころか、最高値は台東区の古民家を改装した民泊施設の「512万8000円」(4人)だった(12月24日」現在)。

日刊ゲンダイDIGITAL 12月27日

1泊500万円の「民泊」、旅館業法上の宿泊施設だった

日刊ゲンダイに倣って、東京オリンピック開会式(7月24日)に1泊4人でブッキングドットコムに検索を掛けてみたら、たしかに台東区三筋町の木造2階建て(60m2)で1泊512万8000円(511万5000円+税・手数料1万3000円)がヒットした。

この1泊500万円の料金設定は、平常時(4月7日火曜日)の料金1泊120万6500円の4.3倍となっている。なんともスゴイおもてなし料金である。

ちなみにこの1泊500万円施設は、法的には年間の営業日数に制限のある住宅宿泊事業法上の「民泊」施設ではなく、旅館業法上の宿泊施設なのだ。

五輪料金(1泊100万円以上)は都内3件

東京オリンピック開会式(7月24日)に1泊4人100万円以上の「民泊」として、ブッキングドットコムに表示されたのは都内で3件。いずれも旅館業法上の宿泊施設(1月3日現在)。

平常時との料金倍率が最も大きいのは17倍。なんともエゲツナイ料金設定であるが、富裕層にとっては何の問題もないのだろう。

東京オリンピック開催日(7/24)1泊4人料金

あわせて読みたい

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.