不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


羽田新ルート|住民の声が反映されていない 「関係区市意見案」

7月30日に「羽田空港の機能強化に関する都及び関係区市連絡会(第1回)」が開催され、いよいよ羽田新ルート20年3月29日運用開始が現実味を帯びてきた。

このまま国交省の目論見通りに進むのか……。


もくじ

関係区市意見案が策定された経緯

東京都は7月30日、「羽田空港の機能強化に関する都及び関係区市連絡会(第1回)」の配布資料を公開した(次図)。

「羽田空港の機能強化に関する都及び関係区市連絡会(第1回)」の配布資料

 

公開された資料で最も気になったのは、「羽田空港の機能強化に対する関係区市の意見概要(案)」(以下、「関係区市意見案」)だ。

8月上旬に開催が予定されている国の協議会(首都圏空港機能強化の具体化に向けた協議会)で、関係区市の意見として報告されこととなるからだ。

関係区市意見案は、今回の都の連絡会で突然出てきたわけではない。

まず、6月25日に開催された都連絡会(第18回幹事会)で関係区市の意見として国に伝えられ、その1か月後(7月23日)に開催された都連絡会(第19回幹事会)で国からの回答案が示されているのである。

住民の声が反映されていない 「関係区市意見案」

 関係区市意見案は、A4判1枚(次図)。

 関係区市意見案


情報提供や安全対策、騒音対策などの要望は、すべて羽田新ルート計画案の運用開始が前提の建て付けとなっている。

肝心の区議会や住民の声は反映されていない。

たとえば、品川区議会が羽田新ルートの再考を求めて19年3月26日に全会一致で決議した「品川上空を飛行する羽田新飛行ルート計画に関する決議」の内容がまったく反映されていないのである。

今後予想される展開

国の協議会も国交省のシナリオ通り進めば(マスメディアがこの問題を大きく取り上げなければ)、「住民の理解は得られた」ということで、国交大臣発表へと進み、増便ダイヤの編成を経て、来年3月29日から羽田新ルートの運用が開始されることとなる。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.