不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

SUUMO住友不動産の謎…「独自集客自信説」より「広告掲載方針見直し説」が有力!?

SUUMO新築マンション 首都圏版(12月12日号)の「不動産会社ガイド2018年保存版」に住友不動産の広告が掲載されていなかった(SUUMO「不動産会社ガイド」の謎…)。

その原因を深掘りした記事「SUUMOから住友不動産の広告が消えた!?」を書いたところ、読者からいろいろなコメントを頂戴した。

読者からのコメント

特に筆者の興味をひいたのは次の二人のコメント。

  • 紙だけでなく、ネットのスーモでも住友不動産物件の掲載順位が低下しています。(S氏)
  • 単純に、広告なしでも独自集客で売れる自信があるからでしょう。(M氏)


SUUMOサイトのほうでも住友不動産の広告は減っているのか?

SUUMOサイトの住友不動産の広告は他社を圧倒!

SUUMOサイトに掲載されている住友不動産の物件数を調べてみた。

具体的には、SUUMOサイトの「不動産会社ガイド・関東版」にアクセスし、フリーペーパーSUUMO「不動産会社ガイド」に掲載されたページ数が多い上位20社と住友不動産を対象に、1都3県の新築マンションの物件数を比べてみたのである。

調査結果は次図のとおり、住友不動産の物件数が他社を圧倒していることが確認できた。

SUUMOサイト掲載物件数(不動産会社別) 1都3県新築マンション
※長谷工グループの物件数が多いのは、売主としてだけではなく、施工者としても計上されているため。

「独自集客自信説」より「広告掲載方針見直し説」が有力!?

上記調査結果により、住友不動産はSUUMOサイトのほうの広告は特に減らしていないといってもいいだろう。

M氏コメントの独自集客自信説(広告なしでも独自集客で売れる自信があるから)では、住友不動産がフリーペーパーSUUMOへの広告を大幅に減らした原因は説明できても、SUUMOサイトへの掲載を減らしていないことの説明はできない。

やはり、前回のブログに書いたように、広告掲載方針見直し説が有力なのではないだろうか。すなわち、11月7日号以降のSUUMOへの広告掲載を中断し、フリーペーパーSUUMOという紙媒体の広告効果測定をしているという説である。

あわせて読みたい

(本日、マンション広告1枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.