不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


住宅ローン借換え、皆はどうしているのか?

住宅ローンの借換えは、どの金利タイプにすればいいのか?
住宅ローンの借換え、皆はどうしているのか?

住宅金融支援機構が毎年発表している「住宅ローン借換えの実態調査」が参考になるかもしれない。


もくじ

「住宅ローン借換えの実態調査」(全国1千人調査)

住宅ローンの借換えは、どの金利タイプにすればいいのか?

おカネのことは知り合いに訊きにくいし、銀行に訊いても貸し手に都合のいい話しか教えてくれないのではないか。

そんなことにお悩みの方には、住宅金融支援機構が毎年発表している「住宅ローン借換えの実態調査」(旧称「民間住宅ローン借換の実態調査」)の結果が参考になるかもしれない(次図)。

住宅ローン借換えの実態調査

 

20年度の調査結果が21年10月12日に発表されたので、過去に発表されたデータも交えて可視化してみた。

調査の概要は以下。

現在住宅ローンを借りている全国1000人を対象としたネット調査。

調査の概要(20年度)

1 調査方法

  • インターネット調査会社のモニター220万件のうち、下記の「調査対象」の要件を満たす方に対し、ネットによるアンケート調査。
  • 先着順に回答があった住宅ローン借換え者1,000件を調査対象とした。

2 調査対象

  • 現在、住宅ローンを借入されている方で、20年4月から21年3月までに借換えされた方
  • 全国の20歳以上70歳未満の方(学生・無職を除く)
  • 居住用の住宅ローンの借換えを対象
    (新築及び中古住宅の取得に伴う住宅ローン。リフォームローン、土地のみのローンまたはアパート若しくは投資用のローンを除く)

3 調査時期

  • 21年4月26日~5月5日

4 調査項目

  • 住宅ローンを借入されている方の借換えによる金利タイプの変化など

借換え前後の金利タイプの変化(20年度)

20年度の借換え前後の金利タイプの変化を可視化したのが下図。

  • 借換え前
    • 固定期間選択型が(45.0%)変動型(40.8%)をやや上回っている
    • 全期間固定型は少ない(14.2%)
  • 借換え後
    • 変動型では変動型への借換えが多く、固定期間選択型への借換えは多くはない
    • 固定期間選択型では固定期間選択型への借換えは少なく、変動型への借換えが多い

借換え前後の金利タイプの変化(20年度)

どの金利タイプに借換えているのか?(経年変化)

借換え後の金利タイプの経年変化を可視化したのが下図。

  • 18年度以降は、全期間固定型が漸減する一方、変動型と固定期間選択型が漸増している。
  • 20年度の借換え後の金利タイプは、変動型が約5割であるのに対して、固定期間選択型は約4割。全期間固定型は1割を切っている。

どの金利タイプに借り換えているのか?(経年変化)

あわせて読みたい

2021年6月1日、このブログ開設から17周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.