不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


羽田新ルート|飛行機が最も多く通過したのはいつだったのか

南風時に都心上空を通過して羽田に到着するルートの運用が開始されたのは20年4月3日。

飛行機が最も多く通過したのはいつだったのか、また、大型機が最も多く通過したのはいつだったのかなど、マン点データベースをもとに、国交省の計画値と合わせて整理しておいた。

※本記事は、南風時の都心低空飛行ルートのみが対象(南風時の川崎ルートと北風時の荒川沿い北上ルートは含まれてない)。

※投稿21年7月4日


もくじ

運用日数

運用日数・飛行機数の月次変化 (南風時の到着ルート)
(21年6月末現在)

実績

  • 最多日数:23日(20年8月)
  • 最少日数:1日(21年1月)

計画

FAQ冊子v6.2 「南風運用割合(3年平均)」(P39)より算出

  • 最多日数:19日(7月)
  • 最少日数:3日(10~12月)

通過機数

通過機数の推移(南風時の到着ルート)
(21年6月末現在)

最多実績
1か月あたり

  • A滑走路到着ルート:594機(20年8月)
  • C滑走路到着ルート:1218機(同上)
  • A+C滑走路到着ルート:1812機(同上)

1日あたり

  • A滑走路到着ルート:36機(12.1機/時)(20年8月8日)
  • C滑走路到着ルート:73機(24.9機/時)(21年5月5日)
  • A+C滑走路到着ルート:108機(35.2機/時)(21年5月5日)

最少実績

1か月あたり

  • A滑走路到着ルート:3機(21年1月)
  • C滑走路到着ルート:8機(同上)
  • A+C滑走路到着ルート:11機(同上)

1日あたり

  • A滑走路到着ルート:1機(20年11月2日)
  • C滑走路到着ルート:1機(20年11月2日)
  • A+C滑走路到着ルート:2機(20年11月2日)

計画値

※FAQ冊子v6.2「羽田空港の国際線増便の実現方策」(P25)より算出

  • A滑走路到着ルート:42機(14機/時)
  • C滑走路到着ルート:90機(30機/時)
  • A+C滑走路到着ルート:132機(44機/時)

通過頻度

通過頻度の推移(南風時の到着ルート)
(21年6月末現在)

最多実績

※新ルートが60分間以上運用された日を対象とした。

  • A滑走路到着ルート:13.3機/時(28機)(21年5月2日)
  • C滑走路到着ルート:24.9機/時(176機)(21年5月5日)
  • A+C滑走路到着ルート:35.2機/時(108機)(21年5月5日)

計画値

※FAQ冊子v6.2「羽田空港の国際線増便の実現方策」(P25)より

  • A滑走路到着ルート:14機/時(42機)
  • C滑走路到着ルート:30機/時(90機)
  • A+C滑走路到着ルート:44機/時(132機)

大型機の通過機数

機材区分別の通過機数の推移(南風時の到着ルート)
(21年6月末現在)

最多実績

1か月あたり

  • A+C滑走路到着ルート:268機(20年8月)

1日あたり

  • A+C滑走路到着ルート:21機(20年8月8日)

最少実績

1か月あたり

  • A+C滑走路到着ルート:1機(21年1月)

1日あたり

  • A+C滑走路到着ルート:0機(20年11月2日)

計画値

※FAQ冊子v6.2「機材構成の小型化、低騒音機の導入拡大」(P58)より算出

  • A滑走路到着ルート:10.9機(3.6機/時)
  • C滑走路到着ルート:23.4機(7.8機/時)
  • A+C滑走路到着ルート:34.3機(11.4 機/時)

ゴーアラウンド

ゴーアラウンド実績(南風時の到着ルート)
(21年6月末現在)

最多実績

1か月あたり

  • A+C滑走路到着ルート:8機(21年5月)

1日あたり

あわせて読みたい

2021年6月1日、このブログ開設から17周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.