不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


不動産東京|知っておきたい世界の住まい文化【ウクライナ編】

全日本不動産協会(略称:全日)は、1952年の宅地建物取引業法施行後まもなく設立された、不動産業界最古の歴史を誇る公益法人。

同協会の東京都本部が発行している季刊誌『不動産東京』で、「知っておきたい世界の”住まい文化”」という見開き2ページの連載を執筆している。

不動産東京

1月に発行された新年号は、ウクライナ編

戦後の大横綱・大鵬(1940~2013年)がウクライナ人であったことをご存じだろうか。出生名はイヴァーン・ボリシコ。ウクライナ人の元コサック騎兵将校と日本人女性の三男として、日本の領土である樺太に生まれている。

新年号には、サナトニータワー(25階建て、総戸数166戸、2009年完成)とロイヤルタワー(29階建て、総戸数144戸、2010年完成)の2件を紹介(写真)。

新年号は、ウクライナ編


紙面の都合で紹介できなかったマンションのなかから、高層マンション3件を以下ご紹介。

カーネギーセンタータワー

18階のオフィスを含む47階建ての、キエフに建つウクライナで最も高いタワーマンション(2015年完成)。

外観は、The Great Lavra Bell Tower(大聖堂鐘楼)を模して階層化されている。

カーネギーセンタータワー
Photo by Artemka.2013.CC BY 4.0.

クラウン住宅団地

キエフに建つ3棟からなる高層マンション(総戸数530戸、37階建て+24階建て×3棟、2007年完成) 

クラウン住宅団地
Photo by Artemka.2015.CC BY 4.0.

モンテプラザ団地

ウクライナ第2の都市ハリコフに建つ3棟からなるモンテプラザ団地(27階建て×3棟、総戸数397戸、2010年完成)。

モンテプラザ団地
Photo by Boyko Maksim Vyacheslavovich.2010.CC BY 3.0.

あわせて読みたい

海外のマンション写真に興味のある方は、マンション・ブログ「スムログ」に投稿した「今月の1枚」をご覧ください。

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.