不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


羽田新ルート|目黒区長選挙、青木英二氏5選

任期満了に伴う目黒区長選(4月19日投開票)では、自公が推薦する現職、青木英二氏(65)が5選を果たした。

国や都に羽田新ルートの中止を求める声を上げるとしていた山本紘子氏(43)は、野党4党(立憲、共産、社民、生活者ネット)の推薦を受けるも届かず


もくじ

山本紘子氏(43)
あたらしい目黒区長を作る会NEWS Vol.3

現職、青木英二氏(65)が5選

自公が推薦する現職、青木英二氏(65)が5選を果たした。

日本維新の会公認の医師、田淵正文氏(61)の参入がなければ、結果は違っていたかもしれない。青木氏は田淵氏に足を向けて寝られない結果となった(次図)。

2020目黒区長選挙の開票結果 得票数

青木氏の得票率、5期目が最低

最終投票率が33%まで上昇(前回26%)したのは、新型コロナで外出自粛が続いていたことが影響したのだろうか。一般的には、投票率が上がると、組織票に依存している自公に不利に働く。今回は現職に対して、新人2名が挑んだ結果、現職批判票が割れたのであろう。

青木氏の今回の得票率は、1期目のときの41.5%を下回り、39.4%にまで落ち込んでいる(次図)。

青木氏の得票数等(1期~5期選挙結果)

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.