不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

羽田新ルート|参院選、東京選挙区の立候補予定者スタンス(まとめ)

朝日新聞7月4日付の地方版に、参議院選挙の東京選挙区の予想顔ぶれとして、改選数6に対して20名がリストアップされていた。

羽田新ルートに対して各候補者はどのようなスタンスなのか? 各候補者のホームページやツイッターなどから、羽田新ルートへの言及の有無をチェックし整理しておいた。

羽田新ルートに言及しているのは、2名(吉良佳子共産現と溝口晃一オリーブの木・新人)だけ。武見敬三(自民現)と音喜多(維新・新)はかつて言及していた!?

(※19年7月4日現在)


候補者リスト

以下、参院の勢力順。敬称略。


武見敬三(67)自民・現【4回】★羽田空港のさらなる国際化

たけみ敬三公式Webサイトに、かつて「たけみ敬三政策 3つのビジョン」のなかに「羽田空港のさらなる国際化」が掲げられていたが(次図)、現在は同ビジョンそのものが閲覧できない

羽田空港のさらなる国際化

※日本医師会の会長であった武見太郎の子息。麻生グループ代表麻生泰(麻生太郎衆議院議員の弟)の和子夫人は姉であり、武見自身麻生太郎とは母方のはとこにあたる(Wikipedia)。

丸川珠代(48)自民・現【2回】

ホームページやツイッターだけでなく、参院会議録にも羽田新ルートへの言及は見当たらない。

山口那津男(66)公明・現【3回】

ホームページやツイッターだけでなく、参院会議録にも羽田新ルートへの言及は見当たらない。

塩村文夏(40)立憲・新

ホームページ、ツイッターには羽田新ルートへの言及は見当たらない。

山岸一生(37)立憲・新

ホームページ、ツイッターには羽田新ルートへの言及は見当たらない。

水野素子(49)国民・新

ホームページ、ツイッターには羽田新ルートへの言及は見当たらない。

吉良佳子(36)共産・現【1回】★羽田新ルートの中止

参院決算委員会(18年6月4日開催)羽田新ルートの中止を求めている。

音喜多駿(35)維新・新 ★羽田空港のさらなるハブ機能強化

羽田新ルート推進派の小池都知事と都民F議員の一部が反対姿勢を示していることの矛盾などを指摘するツートが散見されるが、本人のスタンスを明言したツイートは見当たらない。

「かがやけ Tokyo」会派時代の17年12月20日に「平成30年度 東京都予算編成に関する提言」(PDF1.7MB)として、「羽田空港のさらなるハブ機能強化」(P37)を掲げていたことがある。

オリンピック・パラリンピックに向けて羽田空港のさらなるハブ機能強化に努めること

朝倉玲子(60)社民・新

ホームページ、ツイッターには羽田新ルートへの言及は見当たらない。

野原善正(59)れいわ・新

ツイッターには羽田新ルートへの言及は見当たらない。

大塚紀久雄(78)日本無党派党

日本無党派党のサイトには、羽田新ルートへの言及は見当たらない。

大橋昌信(43)NHKから国民を守る党

ツイッターには羽田新ルートへの言及は見当たらない。

佐藤均(48)安楽死党

ホームページやツイッターそのものが見当たらない。

七海ひろこ(34)幸福実現党

当該候補者のホームページやツイッターには羽田新ルートへの言及は見当たらないが、同党の主要政策(2019年5月)P33には羽田の記述が見られる。

海外の成長力を取り成、わが国の持続的な成長を可能とするために、成田空港・羽田空港の再拡張をはじめ、主要空港・港湾の機能強化に取り組みます。

溝口晃一(50)オリーブの木 ★変えていきたい

当該候補者のホームページで19年7月3日投稿記事に、羽田新ルートの変更が掲げられている。

私たちオリーブの木は、日本の政党で唯一「対米自立」を訴えています。

私の住む大田区や、お隣、品川区、渋谷区、目黒区、新宿区など、羽田飛行場からの民間飛行機離発着増加のためにそれらの都心上空を飛行機が飛ぶルートとなりました。

 こんな危ないことはないと思うので、日米地位協定見直しで横田基地返還と管制区域を返してもらい、安全なルートを飛べるように変えていきたいと思います。

横山昌弘(76)安楽死党

ホームページやツイッターそのものが見当たらない。

野末陳平(87)無所属

ホームページには羽田新ルートへの言及は見当たらない。

関口安弘(67)無所属

ホームページやツイッターそのものが見当たらない。

西野貞吉(83)無所属

ホームページやツイッターそのものが見当たらない。

森純(71)無所属

ホームページやツイッターそのものが見当たらない。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.