不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


40か所目!羽田新ルートのパネル展示@足立区

国交省が羽田新飛行ルートに係る「情報発信拠点」(パネル展示)を開設するのは、今回の足立区で40か所目。足立区内では昨年10月に続き、今回が2回目。


もくじ

足立区内で2回目のパネル展示

国交省が運営しているサイト「羽田空港のこれから」を閲覧して、「足立区における情報発信拠点の開設について」のお知らせが掲載されていることに気がついた(次図)。

足立区における情報発信拠点の開設について

足立区役所中央館1階区民ロビーで、7月6日(土)から10日(水)までの5日間、羽田新ルートに係る情報発信拠点(パネル展示)が開設される(次図)。  

足立区における情報発信拠点の開設について
足立区における情報発信拠点の開設について


国交省が羽田新飛行ルートに係る「情報発信拠点」(パネル展示)を開設するのは、今回の足立区で40か所目。足立区内では昨年10月に続き、今回が2回目(次表)。

「情報発信拠点」の周知期間・開設日数等


国交省がこれまでに羽田新ルートに係る「情報発信拠点」(パネル展示)を開設したのは、17年度11か所、18年度19か所。19年度10か所(6月20日現在)。

「情報発信拠点」の開設状況

「(説明可能な)職員はおりません」

足立区はどうしているのかと言えば――

「あだち広報」最新号(6月10日号)には掲載されていないが、足立区HPには6月20日付で「新着情報」として掲載されている(次図)。

新着情報

 

同リンクをクリックすると、「足立区にて羽田空港機能強化に関する展示が行われます」のページに飛ぶ(次図)

展示イメージの写真とともに、展示内容が示されている。

足立区にて羽田空港機能強化に関する展示が行われます

展示内容

  1. ビデオ映像による羽田空港機能強化の紹介
  2. 音響機器による飛行機の飛行映像や音の体験
  3. タブレット端末による羽田空港機能強化の紹介やQ&Aの閲覧
  4. 羽田空港機能強化に関する説明パネルの展示

ただし、せっかく出向いても、内容を説明してくれる「職員はおりません」

展示期間中はご自由にご覧いただけますので、この機会にぜひお立ち寄りください(職員はおりません)。

足立区では北風時、2分37秒ごとに騒音が降り注ぐ

足立区上空に羽田新ルートが設定されていることは、あまり知られていないのではないか。というのは、FAQ冊子には「北風時の新飛行経路(案)」として、「13 江東区・江戸川区」の飛行経路図は描かれているが(P106)、その先を飛行する足立区の飛行経路図はないからだ。

では、どこで足立区の飛行経路が分かるのかと言えば、「北風 新飛行経路案」という全体図でしか確認することができない(次図)。

北風新飛行経路案
FAQ冊子v5.1.2「北風新飛行経路案」P41より

 

上図で足立区周辺を拡大したのが次図。

足立区上空1830mを2分37秒ごとに通過
(同上)
 

足立区上空を通過する高度は「約6,000ft(約1,830m)以上」とされている。

離陸時の6,000ft直下の騒音レベルは、大型機(777-300)で最大69dB(FAQ冊子v5.1.2「新飛行経路による影響」P51)。

騒音レベル69dBというのは、主要幹線道路より小さく、バスの車内よりも大きいといったレベル(次図)。

騒音の目安

騒音の目安|全国環境研協議会」にピンク色を加筆

 

まとめると、足立区の上空を通過するのは、北風時(年間約6割)。C滑走路から離陸する7:00~11:30と15:00~19:00(4時間のうち実質3時間程度)の時間帯。1時間当たり23回(2分37秒ごと)。高度約1,830mから降り注ぐ飛行騒音は地上で69dBということになる。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.