不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


50代で新築マンションを買う人が増えている!?

今週発行された『SUUMO新築マンション 首都圏版』(9月12日号)の特集のひとつは「50代から考えるマンション購入」。

4頁にわたって、実際に住み替えた人へのインタビューやセカンドライフに向けた資金計画などが掲載されている。

50代で新築マンションを買う人が増えている!?

50代で新築マンションを買う人が増えている」と題して、次図も掲載されている。

ボーっと見ていると「50代で新築マンションを買う人が増えている」という印象を受ける。でもよく読むと、「50代」ではなく、60歳以上も含んだ「50代以上」のデータだ。

50代で新築マンションを買う人が増えている

約10年で50代以上の新築マンション購入者割合が大きく増加しており、50代に入ってから住まいを見直す人が増えたことがうかがえる(2007年1月~2017年7月首都圏・関西圈新築マンション契約者動向調査/リクルート住まいカンパニー調べ)

ホントに50代以上の新築マンション購入者の割合が増えた?

ホントに50代以上の新築マンション購入者の割合が増えているのか?

リクルート住まいカンパニーが17年3月15日に発表した「2016年首都圏新築マンション契約者動向調査」データを元に確認してみよう。

 

同調査データを元に、首都圏の新築マンション購入者に占める50代以上の割合を可視化したのが次のグラフ。

たしかに、SUUMOに掲載されたグラフと同様、50代以上の新築マンション購入者割合が増えている。

新築マンション購入者全体に占める50代以上の割合 (首都圏)

でも……。

針小棒大グラフだった!

同調査には、2006年以前のデータも掲載されている。

そこで時間スケールを拡げ、かつ各世代の購入者割合もグラフに加えてみた(次図)。

SUUMOに掲載されていたグラフは、狭い範囲(ピンク色の破線で囲まれた範囲)をクローズアップして、誇張して描かれていたことが分かる(これを針小棒大という)。

相対的には「50代以上」よりも、30代や40代の割合がはるかに大きい。 

また、2007年以降の時間スケールで言うならば、50代よりも40代のほうがより増加しているのである。

新築マンション購入者の年齢別割合(首都圏)
あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.