不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています

来年からは「完売」という表現を安易に使えなくなる

総戸数869戸、47階建ての超高層マンションの第2期の販売チラシ。

東京駅直通8分、駅徒歩8分。総戸数869戸、47階建。販売戸数174戸、1LDK(58.74m2)〜3LDK(143.69m2)。販売価格3,390万円〜1億3,860万円、最多価格帯4,800万円。平成19年11月下旬竣工(本チラシ掲載日の2年後)。

  • 3月8日(火)、6月3日(金)、7月1日(金)、7月7日(木)、7月14日(木)、9月30日(金)、11月2日(水)の物件と同じ。
  • 第1期即日完売
  • TV・雑誌などで話題の○○(=マンション名)。
  • いよいよ第2期174戸新発売。

公正取引委員会の11月9日公表によると、「不動産の表示に関する公正競争規約」が改正されることになった。
この規約改正により、デベロッパーは、これまでのように安易には「完売」という表現を使えなくなる。
「合理的な根拠を示す資料を現に有している場合を除き」完売したと誤認されるおそれのある表示は、不当表示とされるようになったからだ。
この新しい規約が施行されるのは、平成18年1月4日から。

(本日、マンション2枚)

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.