不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

都内の待機児童数ランキング

東京都は7月25日、都内の保育サービスの状況を公表。
都内の「就学前児童人口」「待機児童数」などの「平成29年4月1日現在」のデータが公開されていたので、ランキングを調べてみた。


もくじ

就学前児童人口:世田谷区がダントツの1位

就学前の児童が多いのはどこか?

2017年4月1日現在、世田谷区が44,314人でダントツの1位。
トップ10は次の通りだ。

  • 1位:世田谷区(44,314人)
  • 2位:練馬区(34,871人)
  • 3位:江戸川区(34,865人)
  • 4位:大田区(32,441人)
  • 5位:足立区(31,054人)
  • 6位:江東区(26,987人)
  • 7位:板橋区(25,515人)
  • 8位:杉並区(24,818人)
  • 9位:八王子市(24,252人)
  • 10位:葛飾区(21,037人)

就学前児童人口

待機児童数:世田谷区がダントツの1位

待機児童数が多いのはどこか?

2017年4月1日現在、待機児童数が300人超は次の10市区。

世田谷区が861人でダントツの1位。

  • 1位:世田谷区(861人)
  • 2位:目黒区(617人)
  • 3位:大田区(572人)
  • 4位:江戸川区(420人)
  • 5位:府中市(383人)
  • 6位:中野区(375人)
  • 7位:足立区(374人)
  • 8位:中央区(324人)
  • 9位:江東区(322人)
  • 10位:調布市(312人)

待機児童数

待機児童数の減少:世田谷区がダントツの1位

世田谷区長の名誉のために補足しておくと、世田谷区の待機児童数は昨年より▲337人(▲28.1%)減少。都内の市区町村のなかで最も減少している。

2番目に減少したのは北区の▲150人(▲38.6%)。

  • 1位:世田谷区(▲337人)
  • 2位:北区(▲150人)
  • 3位:板橋区(▲145人)
  • 4位:練馬区(▲118人)
  • 5位:杉並区(▲107人)
  • 6位:豊島区(▲105人)
  • 7位:小平市(▲78人)
  • 8位:立川市(▲53人)
  • 9位:渋谷区(▲49人)
  • 10位:狛江市(▲44人)

 

ちなみに、タワーマンションが林立している港区の待機児童数は、次のように158人の増加(6人⇒164人)でワースト3位。

  • 1位:大田区 343人(229⇒572人)
  • 2位:目黒区 318人(299⇒617人)
  • 3位:港区 158人(6⇒164人)
  • 4位:中野区 118人(257⇒375人)

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.