不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

マンション販売の差別化!? オール浄水システム

解散した製粉事業会社の跡地に建つ大規模マンションのチラシ。

物件概要

【先着順】大手町駅直通10分、駅徒歩5分。総戸数190戸、15階建。販売戸数16戸、2LDK+S(67.50m2)~4LDK(91.31m2)。販売価格5,740万円~9,260万円。平成30年2月下旬竣工(本チラシ掲載日の8カ月後)。

  • 16年8月26日(金)・9月30日(金)の物件と同じ。

新聞半紙大のチラシ裏面に、「〇〇〇〇(=装置の名称)のオール浄水システム」が掲載されている。

「キッチン」も「お風呂」も「洗面」も住まいのすべての水をきれいにする〇〇〇〇のオール浄水システム

“飲む水”はもちろん“肌に触れる水”にもこだわった、マンション住戸の「水」すべてを浄水にするシステム。
異物除去フィルターとカーボンフィルター(活性炭フィルター)の2重ろ過方式で、ミネラル分は残し、不純物と残留塩素をしっかり低減します。

異物除去フィルターとカーボンフィルターでろ過してから給水するシステム。

同システムのイニシャルコストはマンションの購入費に含まれているとして、ランニングコスト(維持管理費)はどうなっているのか?

このシステムの供給元であるメーカーのホームページのQ&Aをチェックしてみた。

 装置本体の耐用年数は15年だが、フィルターのほうは約1年。

  • 【Q】〇〇〇〇本体の耐用年数は?またフィルターの耐用年数は?
  • 【A】本体の法定耐用年数は15年です。(※消耗品は除きます)(実際には25年程度はお使いいただけます。)
    フィルターは約1年です。

 

フィルターの交換をケチると、水栓器具の不具合や水質に悪影響を及ぼすという。

  • 【Q】フィルター交換をしなくてもいいですか?
  • 【A】フィルターは定期的に交換を行ってください。長期未交換の場合、水栓器具等の不具合の原因となったり、水質状態に悪影響を及ぼす場合もございます。

 

装置は電力を使わないので、電気代はかからない。

  • 【Q】電気代はかかるのでしょうか?
  • 【A】〇〇〇〇の稼働には電力を使いません。電気代がかかることはございません。 

 

で、維持管理費はいくらなのか?

このマンションのモデルルーム訪問記によれば、「1世帯あたり1日約40円」らしい。

肌や髪への美容効果も期待でき、刺激が少ないため赤ちゃん・お子様・肌の弱い方も安心して使える水なのだそうですよ。1日に約1,000Lも使用できて、1世帯あたり1日約40円だというから、リーズナブルなのもうれしいですね。

 

まあ、年間14,600円(=40円×365日)程度の負担であれば、あまり文句は出てこないのかもしれない。

 

ただ、同装置のメーカーは2013年に設立された社員数11名の会社。

親会社の鉄道会社の傘下にあるとはいえ、耐用年数(法定耐用年数は15年)が過ぎて、交換しようとしたときにまだ製品の供給が続けられているのか、気になるところではある。

あわせて読みたい

(本日、マンション広告2枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.