不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

住宅ローン審査 銀行が重視している項目は何か?

住宅金融支援機構は2月3日、2016年度の「民間住宅ローンの貸出動向調査」結果を発表。

「金利タイプ別の住宅ローン貸出実績」や「住宅ローン新規貸出の金利タイプ別構成比(業態別)」といった業界関係者にとってのお役立ちデータだけでなく、「最近、重視度が増していると考えられる審査項目」といった消費者にとってもお役立ちのデータが掲載されている。

民間住宅ローンの貸出動向調査

貸し手が重視している審査項目は何か?

過去に発表されたデータも含め、グラフにしてみた(次図)。

やはりというか、貸し手(金融機関)は特に「返済負担率(毎月返済額/月収)」、次に「職種、勤務先、雇用形態」を重視していることが分かる。

あとは「借入者の社会属性」と「借入比率(借入額/担保価値)」といったところ。

本審査で重視度が増している項目(経年変化)

背伸びし過ぎて借りようとしている人や、雇用が安定していない人にとっては、住宅ローンの審査は厳しいようだ。

あわせて読みたい

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.