不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

マンション管理会社の寡占化が進んでいる

http://www.flickr.com/photos/35461959@N02/13951927872

photo by n.shipp12

 

建設中の大規模マンションの南側に隣接して建つ大規模マンション。

物件概要

【第1期1次〜第3期5次 先着順】大手町駅直通14分、駅徒歩7分。総戸数459戸、15階建。販売戸数15戸、2LDK(60.03m2)〜4LDK(81.68m2)。販売価格3,948万円〜6,198万円。平成27年8月中旬竣工(本チラシ掲載日の4カ月後)。

  • 2013年5月18日(土)・6月1日(土)・8月23日(金)・11月1日(金)・11月9日(土)・11月29日(金)・12月21日(土)、2014年3月28日(金)・7月11日(金)・8月8日(金)・11月21日(金)・12月12日(金)、2015年3月6日(金)の物件と同じ。

新聞半紙大のチラシ裏面の「物件概要」に目を凝らすと、なにやら長ったらしい注釈に気づく。

マンション管理会社の経営統合(合併)のお知らせ:

本物件の管理会社として予定しておりました「株式会社ダイワサービス」は平成27年4月1日をもって「大和ライフネクスト株式会社」と経営統合し、新会社「大和ライフネクスト株式会社」となりましたのでお知らせします。

「株式会社ダイワサービス」が存続会社となり、「大和ライフネクスト株式会社」の権利義務の全てを継承いたしました。

なお、本物件で提供予定の管理内容等につきましては、現段階での変更はございません。

ダイワサービスと大和ライフネクストが経営統合し、ダイワサービスになるという。

 

少子高齢化により、縮小する新築マンションの建設市場からマンション管理事業に競争の舞台が移り、業界の再編、吸収合併が加速している。

 

業界紙「マンション管理新聞」には毎年5月、マンション管理会社別の受託戸数ランキング・データ(全437社)が掲載されているので、管理会社のシェアの変化を可視化してみた。

 f:id:flats:20150417092904j:plain

横軸が管理会社のランキング。

年々曲線が立ち上がっていることは、過去5年間で寡占化が進んでいることを意味している。

 

全国のマンションストック戸数約601万戸(2013年末現在 国土交通省のデータ)に対して、2014年のマンション管理会社のシェアを計算し、可視化したのが次のグラフ。

f:id:flats:20150417093530j:plain

上位4社で2割超(22.8%)、17社で5割超(51.0%)のシェアを占めている。

トップ20社は次のとおりだ。

  • 1位:大京アステージ(416,963 戸)
  • 2位:日本ハウズイング(396,177 戸)
  • 3位:東急コミュニティー(305,219 戸)
  • 4位:長谷工コミュニティ(249,397 戸)
  • 5位:三井不動産レジデンシャルサービス(185,828 戸)
  • 6位:三菱地所コミュニティ(178,118 戸)
  • 7位:合人社計画研究所(174,622 戸)
  • 8位:住友不動産建物サービス(169,543 戸)
  • 9位:日本総合住生活(158,045 戸)
  • 10位:大和ライフネクスト(147,487 戸)
  • 11位:コミュニティワン(139,543 戸)
  • 12位:野村不動産パートナーズ(131,386 戸)
  • 13位:丸紅コミュニティ(106,842 戸)
  • 14位:ダイワサービス(84,819 戸)
  • 15位:グローバルコミュニティ(77,024 戸)
  • 16位:伊藤忠アーバンコミュニティ(76,728 戸)
  • 17位:穴吹コミュニティ(70,872 戸)
  • 18位:あなぶきハウジングサービス(62,550 戸)
  • 19位:近鉄住宅管理(59,617 戸)
  • 20位:大成有楽不動産(59,388 戸)

20万戸超えのガリバーは、大京アステージ、日本ハウズイング、東急コミュニティー、長谷工コミュニティの4社。

 

2014年4月1日付けで、10位の大和ライフネクスト(147,487 戸)と14位のダイワサービス(84,819 戸)が合併すると(マンション管理会社の経営統合のお知らせ)ダイワサービス(存続会社)の管理戸数は232,306戸。第5位で20万戸超えの仲間入りとなる。

f:id:flats:20150417100744j:plain

自分が住んでいるマンションの管理会社が吸収合併されても、存続会社が管理契約を継承するので実害はないので心配する必要はない。
むしろスケールメリットによるサービスの向上に期待しよう。

(本日、マンション広告3枚)

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.