不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

東京の夏、いつからこんなに暑くなったのか?

連日の猛暑で7月23日、埼玉県熊谷が41.1℃で日本歴代最高を5年ぶりに更新。都心でも38℃の猛烈な暑さとなった。

各地で熱中症による死者が出て、「命の危険がある暑さ」として気象庁が危機感を示しているという。

40~50年ほど前は35℃を超えるような日はあまりなかったように思うのだが、東京の夏はいつからこんなに暑くなったのか?


もくじ

月最高気温は1970年頃と比べて、1℃しか上がっていない!?

気象庁が提供している「過去の気象データ・ダウンロード」で確認してみよう。

「東京(千代田区)」の7月と8月の「月最高気温」につき、過去146年間(1872年~2017年)のデータを可視化したのが次図。

年々気温が上昇している様子が見てとれる。

ただ、近似曲線で見ると、1970年頃と比べて、1℃くらいしか上がっていない

東京の月最高気温(7月・8月)の推移

熱帯夜の日数が1995年あたりから激増

別のデータも調べてみよう。

気象庁が公開している「東京における気象の記録」には、次の3つのデータが過去142年間ぶん(1876年~2017年)掲載されている。

  • 日最高気温35℃以上(猛暑日)の日数
  • 日最高気温30℃以上(真夏日)の日数
  • 日最低気温25℃以上(熱帯夜)の日数

これらのデータを可視化したのが次図。

1995年あたりから、猛暑日の日数が増えていることが分かる。

また、真夏日の日数の増加もさることながら、熱帯夜の日数が1995年あたりから激増していることが分かる。

東京の猛暑日・真夏日・熱帯夜の日数

東京の夏を特に暑く感じるようになったのは…

近年、東京の夏の夏を特に暑く感じるようになったのは、月最高気温が上昇していることに加え、熱帯夜の日数が増えて、朝から暑い日が続いていることの影響が大きいのではないだろうか

熱帯夜の日数が増えたのは、ヒートアイランドの影響で夜になっても気温がなかなか下がらなくなったからなのだが。ヒートアイランド対策としては、緑化推進、保水性舗装・高反射率塗装の導入、建物・道路交通の排熱削減などが考えられるが、どれも一朝一夕に完遂できるものではない。

都民は猛暑の間、郊外でリモートワーク……。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2018年6月1日、このブログ開設から14周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.