不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

高価格帯の新築マンションが増えている

http://www.flickr.com/photos/23065375@N05/2246559653

photo by thinkpanama

 

都心の新築マンションが投資目的で高騰しているという。

都心マンション価格のピークは2016年秋

都心マンションの価格が高騰するのは

(1)資産価値を考慮して都心に購入したい実需の存在、

(2)国内の個人投資家の動きの活発化、

(3)相続税対策としての不動産投資

(4)海外の個人&機関投資家の動きの活発化だ。

彼らは専ら山手線の内側か、その周辺の準都心エリアしか購入対象として見ていない。
2015年3月25日 プレジデントオンライン

 

投資としての高級マンションの販売はどの程度増えているのか?

不動産経済研究所が毎月発表している「首都圏マンション市場動向」の資料のなかに、価格帯別の「発売戸数」データも掲載されているので分析してみた。

 

過去1年間(2014年4月~2015年3月)の23区での新築マンションの発売戸数をグラフにしたのが次図。

f:id:flats:20150507093651j:plain

月によって発売戸数の多寡があるので、よく分からない。

 

そこで、発売総数の月変動を捨象するために、タテ軸を発売戸数ではなく、パーセントにしたのが次のグラフ。

f:id:flats:20150507094353j:plain

今度は、折れ線がゴチャゴチャしてよく分からない (~_~;)

 

そこで、このグラフをアニメーションにしてみた。

f:id:flats:20150507094525g:plain

2月と3月に、極端に高価格帯のマンションの割合が増えていることにお気づきだろうか?

 

これでどうだ。

f:id:flats:20150507094828j:plain

f:id:flats:20150507094839j:plain

7千万円台、8千万円台のマンションなんて、一般のサラリーマンには手が出ない。

デベロッパーが年度内に売上を確保しようとして、富裕層の節税対策向けに販売したのであろうか。

(本日、マンション広告2枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.