不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

中古マンションの激安価格はババ抜きゲームの参加費だ

    • -

リクルートの不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)で、「3K/DK/LDK」「500万円未満」を条件に、千葉県の中古マンションを探してみたら、60件見つかった。
一番安いのはKS団地。築42年(1971年竣工)3DK・48.65m2の180万円(バス17分停歩2分)。
二番目に安いのは、HK団地。築45年(1968年竣工)3DK・55.64m2の230万円(バス7分停歩4分)。
三番目に安いのは。KG団地、築30年(1973年竣工)3K・51.82m2の280万円(バス7分停歩4分)。
「おおっ、これなら自分にも買える」と食指が動いた人はいないだろうか。


ちょっと待った。
これら激安の中古マンション(団地)の管理費と修繕積立金を見てほしい。
一番安いKS団地(築42年)は、管理費5,540円/月(自主管理)、修繕積立金13,000円/月。
二番目に安いHK団地(築45年)は、管理費4,800円/月(委託(通勤))、修繕積立金17,000円/月。
三番目に安いKG団地(築30年)は、管理費4,300円/月(委託(通勤))、修繕積立金7,980円/月。
築40年も超えると、修繕積立金は結構な額であることが分かる。


たとえば、一番安いKS団地(築42年)の3DKを180万円で手に入れたとしても、毎年、管理費と修繕積立金で年間22万円余り(222,480円=(@5,540円+@13,000円)×12か月)払わなければならない。
しかも、築42年のKS団地は、既に建て替えの時期を迎えている。
築50年で建て替えるにしても、あと8年だ。
あと8年で、撤去に必要な費用が積み立てられていなければ、建て替え以前に、更地にすることもできない。
現状よりも住戸数を増やせるだけの、容積率の余裕があれば、建て替え費用の負担は少なくて済むかもしれないが。
でも、そんなうまい話がないから、これらの中古マンションは激安なのだ。


このように、築深の中古の激安マンションを手に入れた人は、マンションが朽ち果てるまで、第三者に売却できない限り、毎年、管理費・修繕積立金を払い続けなければならない。
つまり、激安価格はババ抜きゲームの参加費といえよう。

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.