不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


首都圏マンション着工、連続増も依然低水準


本日、マンション広告なし。

    • -

国土交通省が2月28日、「住宅着工統計(平成23年1月分)」を公表。
分譲マンションについては、次のように記されている。

8か月連続で前年同月の水準を上回っているが(前年同月比31.1%増)、雇用・所得環境等が依然として厳しい中、依然としてリーマンショック以前の水準を大きく下回っている。



分譲マンション着工戸数の推移(三大都市圏別)
三大都市圏の分譲マンション着工戸数をグラフ化してみた。
分譲マンション着工戸数の推移(三大都市圏別)
首都圏については回復傾向にあるものの、たしかにリーマンショック以前の水準を大きく下回っていることが分かる。


分譲マンション着工戸数の推移(首都圏)
で、その首都圏の分譲マンション着工戸数はといえば――
分譲マンション着工戸数の推移(首都圏)
東京都は1年前の最低水準からハッキリと回復の兆候が見られるものの、リーマンショック以前の水準を大きく下回ったままだ。


関連記事


[PR] マンションチラシ解読術“販促ワザ”を見抜く法(中央公論新社)

マンション選びをされている方にはもちろん、すでに終の棲家を手にされている方にも、マンション・チラシに秘められた“販促ワザ”を読み解くという知的ゲームへお誘いする1冊です。

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.