不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています


首都圏世帯数の伸び、鈍化の見込み

一般世帯数(将来推計)


本日、マンション広告なし。

    • -

少子高齢化で、やがて住宅市場が縮小していくといわれている。
将来の世帯数はどのように減少していくのか?


国立社会保障・人口問題研究所のサイトに公開されているデータのうち、「表12−44 都道府県別一般世帯数および平均世帯人員:1960〜2000年」「表12−46 都道府県別一般世帯数および平均世帯人員の将来推計:2005,2010,2020,2030年」をもとに、全国と3都県の世帯数の変化をグラフ化してみた。


全国の世帯数は2020年の5,044万世帯をピークに大きく減少に向かう。
一方、3都県の世帯数は2020年までは若干増加するものの、2030年に向けて鈍化すると見込まれている。

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.