不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

若者の賃貸契約トラブルが上位!『消費者白書』

消費者庁は6月9日、『平成29年版 消費者白書』を公表。

次のように2部構成、資料編を含めて全367頁。

第1部 消費者意識・行動と消費者問題の動向

  • 第1章 消費者事故等に関する情報の集約及び分析の取りまとめ結果等
  • 第2章 消費者を取り巻く社会経済情勢と消費者意識・行動
  • 第3章 【特集】若者の消費

第2部 消費者政策の実施の状況

  • 第1章 消費者庁における主な消費者政策
  • 第2章 消費者政策の実施の状況の詳細

資料編

 

「第3章 【特集】若者の消費」のなかに、「若者の商品・サービス別上位相談件数」がランキング形式で掲載されている(次表)。

男女とも賃貸契約トラブルが上位なのは、大学への入学や社会人になるため、実家から離れ新生活を送るタイミングで、トラブルに巻き込まれるためらしい。

  • 若者の男女に共通して多いのは「アダルト情報サイト」や「出会い系サイト」等のデジタルコンテンツの相談。
  •  女性は健康食品やエステなど美容に関するものが多い。成人した20歳以上、特に男性で、借金に関する相談も増加。
  •  大学への入学や社会人になるため、実家から離れ新生活を送るタイミングで、トラブルに巻き込まれるケースが目立つ(賃貸住宅の契約、テレビ受信料支払、新聞購読、インターネット接続回線等)。

若者の賃貸契約トラブルが上位(男性)

若者の賃貸契約トラブルが上位(女性)

 

上表のデータをもとに、各トラブル件数が全相談件数に占める割合を性別に計算し、グラフにしてみた。

「15-19歳」の「アダルト情報サイト」の割合を別格とすれば、男性は「賃貸アパート」と「フリーローン・サラ金」の割合が多いことが分かる(次図)。

若者の上位相談件数(2016年)男性

 

女性も、男性同様、「15-19歳」の「アダルト情報サイト」の割合が突出している(次図)。

また、「賃貸アパート」の割合は高いが、「フリーローン・サラ金」の割合は男性ほど高くない。

若者の上位相談件数(2016年)女性

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.